2011年10月01日

泥沼対決を角中のサヨナラ打で先勝(千葉ロッテM 5x-4 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 5x-4 北海道日本ハムファイターズ

「過保護は斉藤佑樹のためならず」

千葉ロッテに追いつかれ、逆転負けするようでは
野球の神様が、こう言っているんじゃない?(^^;)

初回にいきなり3失点した唐川は、2回以降
良い当たりをされながらも無失点で切り抜けていたが、
4回表、一死から中田翔に2ベースを打たれた後、
大野の頭にデッドボールを当ててしまった(>_<)。

危険球退場となった唐川の後、緊急リリーフした
大谷が1番加藤政義にタイムリーを浴びて2−4と
されてしまった。

日ハムの先発、斉藤佑樹の出来も、けっして
良くなかった。

4−2と点差を広げられた直後の4回、
先頭の根元にストレートの四球を出し、
続く伊志嶺のポテンヒットで無死1、2塁。

いかに冷静な斉藤といえども、動揺しているはずの
シチュエーションだ。

ここで、2安打のY岡田にバントをさせたのだが、
3番今江が犠牲フライどころか、内野ゴロも打てずに
三振(>_<)、結果的に無得点に終ってしまった。

この場面、今江は、おそらく2点タイムリー同点打を狙い、
力んだのだろう。

まあ、この結果は仕方が無いとも言えるが、
動揺している投手に、簡単にバントで一死を呉れてやるより、
ゴロでもゲッツーはないだろうし、
それまで2安打でタイミングも合っているし、
「バスターもあるよ」と、もっとプレッシャーをかけに
いくのがスジだと思う。

斉藤にしてみれば、一死2、3塁になって、
目先の2点を失ったところで、
まだ同点でしかないわけで、
冷静さを取り戻させることになったのではないだろうか。

感情をもった人間がやる以上、なんでも「メンタル」が、
大きな要素を占めると思っているもので、
形式だけで策を決めているのがつまらないと思う。


しかし日ハムは、6回に伊志嶺の何でも無いフライを
落としてくれて、Y岡田の「左対左、関係なし」の
タイムリーで3−4。

7回には無死から2ベースで出たカスティーヨが、
井口のライトフライで3塁へ進み、
代った、左腕の石井から福浦が四球、
角中が良い当たりのセンターフライで、
カスティーヨの上手いスライディングで、
ブロックをかわして、強肩糸井に勝って4−4の同点。

そして9回裏に、武田久から、一死からカスティーヨが
四球を選んで出塁し、代走工藤が盗塁を決めた。

井口を歩かせて、塀内と勝負にくるが、ここで、
低めを上手く捌いてライト前ヒットで満塁。

そしてラッキーボーイとなった角中が、初球を
三遊間を破るヒットでサヨナラ勝ち!!!


2−4の後の逸機で、負け試合の雰囲気だったのだが、
6回のフライを落とすプレーから1点差になって、
流れが変わったね。

日ハムの方が、より泥沼ということなのかな?(^^;)

さあ、今日は成瀬か。
エースが、本拠地のファンに3連勝を見せて欲しいね。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228302362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。