2011年09月17日

初回に自滅し勝機を逃す(千葉ロッテM 2-4 オリックスB)

千葉ロッテマリーンズ 2-4 オリックスバファローズ

上野の立ち上がり、3つの四球の後ピッチャー返しの
タイムリー2本での3失点。

その後、立ち直っただけに、もったいない初回だったね。

攻撃で惜しかったのは6回裏、1点返して二死1、3塁
で高濱のフルカウントから打った3塁線への当たり。

バルディリスに捌かれてアウトにはなったが、
久しぶりにチャンスで得点の匂いがした瞬間だった。


9回の最後の打者Y岡田には、清田を代打だろう。

これは結果論でもなんでもなく、ホームへ還る
選手であるY岡田は、打点を期待するタイプではない。

いちかばちか逆転サヨナラを狙うべきじゃないの?

「諦めず全力で戦う」
というなら、采配でも最善を尽くして
くれなきゃ説得力がない。

まあ、若手を使ってオープン戦みたいな感覚で
いるだけなんだろうけど。


日本ハムの福良コーチを招聘
という話が出た。
これは久々に良いニュースだと思う。

西村監督の続投は残念だが、就任当時から、
希望していた福良ヘッドが参謀に加わるなら、
チームとしては変化が期待出来る。


さあ、今日は阿部和成がプロ初登板初先発だ。

唐川と同期の高卒4年目の投手。
「今年こそ1軍へ上がってマリンで投げる」という
「ファンへの一言」が実現出来る。

投球の中身でも良いものを見せてくれよ。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。