2006年08月21日

もう両校優勝でええやん (全国高校野球選手権大会決勝)

三連覇のかかる駒大苫小牧の田中将大君、今季高校生ドラフトで
競合必至の目玉だが、準決勝あたりから、本来の素晴らしい投球になってきた。
速くて外角低めに鋭く落ちるスライダーは、見極めるのも難しい。

そして、甲子園のアイドルとなってきた早実の斎藤佑樹君、
実力発揮のセンス抜群の投球、配球や組み立ても見事で、
バッテリーの息もピッタリ。

互いに相手が素晴らしいので、自分の集中力がさらに高まる
超高校級投手同士の素晴らしい投手戦となった。
 
8回に駒大苫小牧が2番三木悠也君のHRで先制。
斉藤君は、決勝点になるかもしれないHRを打たれた後も、
動揺せず冷静に同じように投げ続けるんだよね。

その裏早実はすかさず4番後藤貴司君の犠牲フライで同点。

延長11回、ワンアウト満塁から駒大苫小牧はスクイズを仕掛ける。
ランナーのスタートが見えた斎藤君は、わざとワンバウンドにし、外す。
このセンス、惚れ惚れするね。

延長13回、早実ワンアウト3塁のピンチから満塁策をとり、5番船橋君の打席。
落ちるスライダーがワイルドピッチになって三進された田中君だが、
ストレートを待っている舟橋君の初球に、サインに首を振って
インコースへ高速スライダーを投げ、セカンドゴロに打取る。
田中君もプロ向きの強いハートを持っている。

そして延長15回、斎藤君は2アウトランナーなしから、
4番キャプテン本間篤史君に対し、味方打線を奮起させるためのような
146km/時の直球の連投。最後はど真ん中へのフォークで圧巻の三振奪取。

「ブラボー!斎藤君、君はプロでやりなさい(^^;)」

しかし、奮起したのは相手投手田中君もだった。
力のある直球でポップフライ三本、あっさり早実を三者凡退に退けた。

さすがは世代No.1といわれた投手の田中君。
兵庫県出身だし、競合してもとりに行くべきだ。

え?堂上君? 彼は中日へ行かせてやり。その方が野球人として伸び・・(^^;)

そして、スコアボードは8回のところに1が上下に入る、
線対称の形で引き分け再試合。
斎藤君は4連投になる。4日で600球近く投げることになるかもしれない。
田中君も、先発で投げ合う覚悟だろう。

確かに大会規定は再試合だが、両校とも優勝にふさわしいチームだと思う。
将来のある若い投手に無理させなくても、ええやんか。

今日の試合がどんな展開になろうとも、昨日の延長15回1−1の引き分けの
試合こそが、今大会の「決勝戦」だったと思う。
posted by ばかぼん父 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

甲子園高校野球決勝戦延長15回で決着つかず再試合へ【追記あり】
Excerpt: 【16日早実―福井商を観戦】 夏の甲子園高校野球決勝戦早実対駒大苫小牧は、延長15回で決着がつかず、明日再試合となった。 8回表駒苫三木のソロホームランで一点先制すると、その裏早実も桧垣の左中間ツー..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道
Tracked: 2006-08-21 09:29

優勝とか関係なく満足な試合
Excerpt: 第88回高校野球の決勝で駒大苫小牧VS早稲田実業が対戦し 1対1で引き分け再試合で明日に優勝が持ち越しになった 決勝は苫小牧が優勝すれば3連覇で早実は初優勝だったが 試合は見応え充分の投手戦..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2006-08-21 10:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。