2011年09月11日

「マー君vsハンカチ」の裏番組になって良かった(千葉ロッテM 3-18 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 3-18 福岡ソフトバンクホークス

里崎が欠場中もほとんど勝てそうな試合ができなかったが
この日は今江が欠場したことで、ゲームバランスが
崩れてしまったような印象だった。

監督の脳が冒されている「左右病」の為か、
今江の代役起用された根元のサード守備は
酷かったねえ(>_<)。

送球に慎重だったのだろうが「妙な間」があるわ、
ゴロは少しのイレギュラーで後逸するわ、
極めつけはバント処理で突っ込んでサードベースを
空けてしまっていた。

何をするべきかも知らんような選手をプロの試合で
使わなイカンのかねえ。(>_<)

根元だけでなくショートの早坂も酷かった。

初回に里崎の送球を簡単にそらすわ、
点差が開いた後は、集中力のないプレーの連発。

観客に無礼といっても良い三遊間だった。

良かったのは1回裏にY岡田が盗塁を決めて、
やり返した事くらいかな?

おかわり君一人の本塁打数にチーム総数で並んだ
サトのHRは、ナイターですかざず突き放されたし(^^;)。


クサッた試合についてはくれくらいにして、
田中まー君に投げ負けた斉藤佑樹の「4年の差」
というコメントは良く本人が言ってくれたと思った。

レベルの低いアマチュアで4年間過ごした選手と、
高卒で「プロ野球」の世界でレベルアップしてきた
選手で、差がない方がおかしいのだ。

といっても、選手間の個体差があるので、なかなか
「正しい結果」がでるとは限らないのだけどね。

さあ、今日は昨日の反省が見られるかどうかだね。
(とりあえず、ショートは上げて来た高濱だけど)

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。