2011年09月08日

里崎が復帰して、零封して連敗ストップ(埼玉西武L 0-2 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 0-2 千葉ロッテマリーンズ

この日から故障でファームに落ちていた里崎が復帰し、
即スタメンマスクを被った。

高めの直球を上手く使っていたと思う。
とにかく千葉ロッテの数少ないストロングポイントの一つは、
外野の守備力にある。

柵越えやライナーでのフェンス直撃さえされなければ、
かなりの確率でアウトにしてくれるのだ。

先制のホームを踏んだY岡田の3塁打も、
2点目の打点となった清田の2ベースも、
うちの外野ならアウトの打球。

セオリー通りに低めに集めるだけでなく、
敢えて高めで勝負してフライを打たせる配球も有効なのだ。

そのリードに応え、とにかく唐川が、
よく頑張ってくれた試合だった。

さすが、成田高校時代から貧打のバックには慣れている
だけのことはあるねえ(^^;)。

そして、6回裏のカスティーヨのファインプレーが大きかった。

唐川が2四球で自ら招いたピンチで、おかわり君を三振に
とった後の二死1、2塁から、ホセ・フェルナンデスに、
詰まりながらも1、2塁間へ打たれたライナーに、
ホセ・カスティーヨが良く飛びついて捕ってくれた。

同点にされていたら、四球からの失点ということで、
メンタル的に崩れる危険もあったよね。


根本的な問題はそのままなので、勝つためには、
相手を1失点以内で抑えるしかないのが現状だ。

泣かずにがんばれ、コバアツ!
としか、言えない。(^^;)

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。