2011年08月27日

やっと「1点」取れた試合をエラーで落とす(オリックスB 3-1 千葉ロッテM)

オリックスバファローズ 3-1 千葉ロッテマリーンズ

打線が低調なのはお互い様だが、マーフィーの
よく見たバント処理からの悪送球をキッカケに負けました。

昨年も散々やったのだから、気持ちを入れて練習しろよ。
そして指導者も練習させろよ。どっちも「プロ」だろ?

守備で負けたと言うが、実際ポテンタイムリーの1点だけからね。

誰が出ても打てないことに変わりがないのに、
明らかに休ませた方が良さそうに見える選手も、
休ませる事も出来ない監督の職務怠慢が、
エラー以前の問題だと思う。

無理矢理良い事探しをすれば、
まずショートの早坂の守備が、光っている事だ。

ショートは元々守備重視のポジションのはず。
今季はこのまま早坂がレギュラーを奪取して、
定着して欲しい。

ショートのレギュラーだった荻野貴司は、
また再手術になり、今季は絶望。

焦らずキッチリ治して、キャンプでは、
怪我をしにくいスライディング技術を身につけて、
来季の飛躍を期待したい。

この2人でのレギュラー争いがハイレベルになることを
願っている。

もうひとうは、2度目の登板の木村が、
バックに守備で足を引っ張られながらも、
無失点で切り抜けた事。

信頼を勝ち得て行って、1軍に定着できれば良いね。

さあ、今日は点が取れるかな?
1点とれれば喜ぶところまでハードルを下げて、
見る事にしよう(^^;)。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。