2011年08月22日

「西口の勝ち」でも良かったような今季初のサヨナラ勝ち(千葉ロッテM 4x-3 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 4x-3 埼玉西武ライオンズ

埼玉西武のベテラン西口の投球は素晴らしかった。

3回裏にこそ、2点をとって逆転したとは言っても、
内容は実質井口の1安打のみ。

この回先頭のスタメン起用の角中のフライを埼玉西武の
外野が見失ったのか、譲り合ったのか今季初ヒットとなる2ベース。

渡辺正人がバントで送って一死3塁。
しかし、この日サッパリのY岡田がピーゴロで、
角中が飛び出し憤死し、二死2塁。

ここで工藤がセンター前にポテンヒットで同点。

牽制球をホセが後逸し、二死2塁から、
井口が3塁左を破って2−1と逆転した。

千葉ロッテは「1点打線」から「2点打線」へは昇格したようだ。

一方、千葉ロッテ先発の小野晋吾の立ち上がりは、
今季初スタメンの田中マッチと呼吸が合わないのか
グダグダ。

先頭の栗山が2ベースで出塁した後、2番原のバントを
マッチが3塁へ送球しアウトにしてくれたのに、
連続四球で満塁。
続くホセのゲッツー崩れの間に1点を失った。

しかし、その後は立ち直って2−1のまま7回表へ進み、
マウンドには小野晋吾が続投。

ところが、ヒット、バントで一死2塁となって、
前日2イニング投げている伊藤君へスイッチした。

これが解らない。

1点差で継投へ出て逃げ切る気なら、回の頭から伊藤君。
それをしなかったのは、同点になって延長も考えて、
7回も小野に行かせたのだと思う。

だったら、なぜ一死2塁くらいでスイッチするのか?
ちょっと、腰がふらついているように見えてしまう。

結果は、この日の伊藤君はもうひとつで、
栗山にライト前へヒットを浴び、間一髪で、二走の俊足
秋山に同点のホームインを許す。(ああ、清田だったらなあ)

さらに二死後、中島にレフトオーバーの逆転タイムリー2ベース
を浴びてしまった。

この時、レフトの角中はフェンスに書いてあるロッテの
Lマークのところでジャンプしていたが、ボールは、
「テ」の上のフェンスを直撃していた。

おいおい、フランコみたいだぞ。センス無いなあ(^^;)。
(工藤や伊志嶺だったらなあ)


この逆転劇の後の西口はモードが変わった。

それに審判も引っ張られるようにストライクコールし、
見逃し三振の連取。

8回も西口に抑えられて、試合は9回裏。

埼玉西武の悩めるルーキー守護神、牧田から、
一死後、前日は三振していた今江が四球で出塁。

福浦がランエンドヒットの局面でライト前ヒット。

ここで里崎のバットを折ながらの緩いショートゴロで
今江が生還し同点(野選)。

左打者に苦手意識のある牧田が角中に死球を与え満塁。

そして、代打の根元が外の球を腕を伸ばして拾って、
ライト前へサヨナラヒット!!!!

なんだが、申し訳ないような逆転サヨナラで、
3週連続5割をキープした。


まあ、単なる結果オーライのゲームで、
西村監督の左右病が進行するかも知れないのだが、
負けるよりは勝った方が良いか(^_^)。

この勝利をキッカケにして、今週こそ、良い兆しを
見せて欲しいものだ。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!


posted by ばかぼん父 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/221591324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。