2011年08月21日

貧打線が岸を立ち直らせてあげる(千葉ロッテM 2-3 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 2-3 埼玉西武ライオンズ

埼玉西武の先制攻撃は見事だった。

一死からランエンドヒットの状況で、
3番中島がコンパクトにキッチリセカンドの頭の上を
破るライト前ヒットで1、3塁。

一走中島が盗塁すると、ダブルスチールを警戒したのか
井口がベースの前に出てキャッチし、タイミングは
アウトだったのに、追いタッチになってセーフ。

中村を0−2ピッチから四球で歩かせて満塁。

俊介の立ち上がりに調子を掴む前に攻め立てられて、
ホセが打ち損なった犠牲フライと、秋山に
不用意に投げた初球をセンター前に叩かれ2失点した。


岸は7月11日以来勝ってない投手。
岸も立ち上がりは悪かった。

二死から休み効果か井口が2ベース、
カスティーヨが四球とチャンスを作り、
5番今江も3−1ピッチになる。

ところが、今江は低めのボール球に手を出し、
引っ掛けたショートゴロ(>_<)。

状況を考えれば、たとえフルカウントにしても、
自動ランエンドヒットにしてから打っても良かったが、
(だからこそ、ストライクで勝負にくると、
決めてかかったのだろうが)
苦しむ岸を助けてあげた大きな凡打だった。

しかし3回裏、同じ一死1、2塁で、今江がカーブを
狙い打ってタイムリー2ベース。

初回の失敗を取り返す一打の後、福浦が「最低限」の
犠牲フライで同点にした。

しかし直後の4回表、先頭の秋山に3ベースを浴び、
一死をとるものの俊介にバッチリタイミングの合った大崎の
タイムリー2ベースで、すかさず勝ち越しを許す。

この後、直球主体に切り替えた岸の前に、
8回までランナーを一人も出すことができない。

確かに低めにキッチリ投げられていたが、
相手が配球を変えたことに対応できないまま終った印象だった。

7回裏、敢えて岸に対して先発させた右打者に左打者を代打に送る、
しかも、ファインプレーをした直後の渡辺正人に、
代打根元ってなあ。

しかも、その根元が見逃し三振ってなあ(>_<)

何を期待し、どうしたかったのかが見えなかった。

千葉の今日は1日雨模様(霧雨)だが、決行するのか、
打てん中止で逃げるのか。

とにかく連敗を止めよう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/221444395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。