2011年08月18日

糸数にわずか4安打完封負け(千葉ロッテM 0-9 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 0-9 北海道日本ハムファイターズ

「1点打線」が1点も取れずに完封負け。

一方、大谷は5回まで1失点と粘ったが、
6回に日ハム打線につかまって、0−3となった時点で
ほぼ勝負アリ。

唯一の救いは、伊藤君らを投入しないで済んだことだ。

試合の総論はこれくらいにして、細かいことを
ブチブチと書く。(^^;)

この日、伊志嶺が急性扁桃炎とかで欠場し、
ライトへ工藤、レフトへ清田を入れた。

これって、ライト清田、レフト工藤の方が良くないか?

はたして工藤は清田より強肩なのか?

私は聞いた事が無いが、俊足の工藤がレフトなら、
根元が深追いしたものを含め、ポテンヒットを2本
アウトにできただろうし、相手の3塁コーチのお陰で
救われた5回のピンチは、清田なら3塁コーチの
ボーンヘッドも目立たないフツーのプレーだったのでは
ないだろうか?

というか、清田を置くならライトが一番安心できるのだが。

どうせ、伊志嶺をレフトへ固定し、ライトで工藤と
清田を併用しているので、よりレギュラーに近い、
工藤の方をライトで使いたいということじゃないだろうか?

その「レギュラーの地位」だとか、「クリーンアップの地位」
だとかに重きをおくより、その試合を勝つ為に、
使えるメンバー全員の中から最前の布陣を敷くべきだと思う。

もう1点は、初回の攻撃だ。
こちらも書き飽き、読者の皆さんも読み飽きているとは
思うけれど、糸数はロッテ戦初先発で、先頭打者を
エラーで出塁させた場面。

糸数は大いに不安だったはずだ。
ここで、なぜ一死をただで呉れてやるのか?
意味が分からん。

前日の試合ではバスターエンドランを見せ、
ちょっと見直したのだが、ただの「猿真似」だったようだ。

なんのために初回に奇襲をかけるのかといえば、
相手投手のメンタルを揺さぶり、本来の投球リズムに
ならないうちに、崩してしまうためなのだが、
解ってないのだろうか???

できればアウトカウントを増やさずに、
ランナーをスコアリングポジションへ進めるには、
どうするのか、というところから発想して欲しいものだ。

そもそも右のサイドスローの糸数は、盗塁しにくい投手なのか?

だいたい、3、4番に「頼むぞ」という姿勢では、
「打てない」のだから、(いい加減に理解して欲しい^^;)
打てない連中に、より打ち易い状況を作ってやれば、
打てる確率が上がるのだから、そのための作戦を立てて欲しい。


その点、6回の日ハムの稲葉のエンドランは効いたねえ。
糸井と小谷野が不調の日ハムに9点ってなあ(>_<)。


さあ予定は早くも狂ったが、今日の試合は、
連敗中の上野にとっては、ローテを守る為にも大事な試合だ。

ケッペルから3点は取ってやってくれ。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

巨人、今季4度目の完封負け 原監督「クリーンアップに爆発してほしい」
Excerpt:  巨人は6日、阪神に0対3と完封負けを喫した。先発の澤村拓一は7回2失点と好投したが、打線が振るわず4連敗。今季7試合目で早くも4度目の完封負けとなった。 試合後、原辰徳監督は「この悔しさを明日.....
Weblog: ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント
Tracked: 2012-04-07 00:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。