2011年08月17日

高校野球にインスパイアされて?快勝(千葉ロッテM 4-1 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 4-1 北海道日本ハムファイターズ

エース成瀬でキッチリカード初戦を取れました。(^_^)

初回、スケールズに大きなレフトフライを打たれたものの
三者凡退に抑えると、いきなり打線がウルフを捉えた。

先頭の伊志嶺がヒットで出塁すると、Y岡田が2ボールから
バントを空振りする。

そして2−1ピッチからエンドラン!で、
作新学院出身のY岡田がセンター前へヒット!
無死1、2塁のチャンスを作った。

井口が緩いショートゴロで、一死1、3塁、
カスティーヨが怖がられて四球で満塁のチャンス。

今江が初球のカーブを打ち損じセカンドフライで二死。
ここで無得点なら、いつもの拙攻で終るところだが、
この日は違った。

習志野高校出身の福浦が外角低めのボールを
レフト線へ打ち返すと、追って来た中田翔が
捕れずに後ろへ逸らし、走者一掃の3点2ベース!

後輩の活躍に刺激を受けた福浦の活躍で
初回から普段の3倍の得点が入った。


成瀬は悪いながらも丁寧に投げ、12球団一の
ヒットをアウトにする外野陣と、
この日は妙に張り切ってプレーしていた
根元の好プレーにも助けられ、3−0のまま4回裏へ。

一死から工藤が左中間を深々と破る3塁打。
すかさず、根元が、高いバウンドのゴロを打って
4−0とリードを広げた。

6回表にスケールズに、どんな外野陣でも
どうしようもないHRを打たれて4−1とされるが、
その裏、谷元を攻めて、連打で無死1、3塁。

このチャンスで里崎が三振した後、工藤の打席で、
なんと!スクイズを敢行!

結果、工藤がサインを見逃し失敗に終ったが、
初回の習志野高校ばりのエンドラン策といい、
西村監督は、高校野球を観てインスパイアされてるね。(^^;)

いや、高校球界の名将たちは、千葉ロッテより、
よほど臨機応変に考えた采配をしているから、
学ぶところは多いと思うよ。

チャンスはつぶしたが4点もあれば、成瀬ー薮田で
全く問題なし。

絶対に勝たなければならない試合を、エースで勝てました。


さあ、今日の大谷vs糸数もマッチアップも勝たなきゃね。
がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。