2011年08月12日

対ソフトバンクで「レフト・大松」はない(福岡ソフトバンクH 6-1 千葉ロッテM)

福岡ソフトバンクホークス 6-1 千葉ロッテマリーンズ

何事においても「なぜ、そうなるのか?」を考えることが、
向上するために必要だし、進歩へ繋がるのだと思う。

対ソフトバンク戦略は、とにかく1番川崎、2番本多の
出塁を封じることが、試合を有利にすすめるために
必要なことなのだ。

千葉ロッテのストロングポイントは、
打力は犠牲にしてでも、外野守備をレフトを含めて
スーパーなレベルに揃えていることだ。

レフト方向へもチョコンであったり、バシッであったり、
上手く打つ事の出来る川崎、本多のヒット性の当たりを、
アウトにする守備力をもってして、接戦へ持ち込み、
このカードは2連勝することができていたのだと思う。

ところがこの試合は、何を思ったのか解らないのだが、
レフトへ大松を入れて、上手く行っていた
キモの部分を自ら捨てて臨んだ。

3点目までは上野の責任だが、4点目以降は、
本多の左中間のフライを捕れていれば無かった点だ。

いや、確かにフツーのヒットなのだが、
普段のスーパーな外野守備を見ている贅沢な目には、
アウトをヒットにされた気分だった。

若い上野をもり立てて育てようという気がないのか?


とはいっても、敗因は打てなすぎる事に尽きる。

大場ごときに、無死2、3塁からクリーンアップで
ゴロの1点のみってなあ。(>_<)

統一球に替わって、金森打法が上手くマッチしていない
事は明白なのに、まだこだわっているように見える。

対左で服部を起用したことも、通用しない事は
(現時点では)再現性のあることなのに、懲りずに
左のワンポイントとしての起用にこだわっている。

上手く行っていた守備重視の外野陣は簡単に止めるのに
全く上手く行ってない打撃と、服部の起用は頑固。

観ていて、何を考えているのか良くわからない試合だった。


とにかく(こっちも)気持ちを切り替えて、
今日から連敗中の東北楽天戦。
叩くべき時にたたいておかなきゃね。

唐川、頼むぞ。
がんばろう!日本。

マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。