2011年08月08日

習志野高校に代ってもらいたいような2回で勝負アリの試合(千葉ロッテM 2-7 オリックスB)

千葉ロッテマリーンズ 2-7 オリックスバファローズ

試合は2回表に小野晋吾がゴロヒット3連打の後、
押し出し、ゲッツー、ワイルドピッチ、タイムリー、
センターオーバータイムリー2ベースで一挙4失点。

今の不調X工夫なしの千葉ロッテ打線にしてみれば、
試合としては早々にこれで勝負アリとなってしまった。

その後も怪我を抱えているのか?今江の集中力のない
送球エラーと、ファーストで交錯したカスティーヨが
足を痛めて落球し失点。

カスティーヨが、その後の打席で全力疾走できない
くらいなら、たとえ出たがっても、代えるべきだったと思う。

さらに意味不明なのは3点ビハインドで伊藤君の登板だ。

1イニングなら調整登板として、まだ解るのだが、
それなら9回で良いわけで、服部や中郷にチャンスを
やれば良いのだ。

しかもイニングまたぎで失点してるし(>_<)。

え?3点くらいなら、試合を諦めてない姿勢を見せた?

それなら、フィガロを崩すためのチーム一丸の姿勢であるとか、
攻撃において「得点の匂い」を先に見せるのが先だ。

伊藤君の投入は、中身のない「ポーズ」にしかとれなかった。


それより、甲子園の習志野の野球は良いねえ。

送りバントよりバスターエンドランを優先し、
相手の心理を読んだタイミングバッチリのホームスチール。
是非、監督を千葉ロッテへ招聘したい(^^;)。

ついでに言えば、花巻東の1点ビハインドの9回、
一死1塁からのスチールは、度胸満点で素晴らしかった。

それを、プロならもっと邪魔をしてもとられてない程度の
「動き」に対し、守備妨害をとった審判は、イカンねえ。

高校野球における教育とは、「権力者の理不尽な判定にも
泣き寝入りをしなければいけない」ということなのか。

大人であっても、高校生の一所懸命なプレーを
もっとリスペクトした方が良いのではないか。


千葉ロッテに話を戻せば、小野晋吾をリリーフへ回す
キッカケになれば、この自滅ゲームも意味がある。

さすがに3人しか信頼できる投手がいない状況は、
厳しすぎるからね。

しかし、「打つ方」をなんとかしないとなあ。

とにかく、がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219017153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。