2011年08月07日

貧打すぎて引き分けがやっと(千葉ロッテM 1-1 オリックスB)

千葉ロッテマリーンズ 1-1 オリックスバファローズ

ノーコン中山ですら打てないのか。(>_<)
千葉ロッテ打線はかなり重症だ。

というか、打者・里崎の評価が高すぎるだろう。
何を期待して6番においているのか、その狙いすら
わからない。

彼は8番に固定して、ときどき意外性を発揮して
もらうのが妥当な使い方だと思う。

では誰がとなると、不調の清田?渡辺正人?
南竜介?と打てそうにない面々であることには
変わりがないのだが(^^;)、6番里崎はないと思う。

先発の渡辺俊介はオリックス打線との相性も
あるのだろうが素晴らしかった。

フライアウトばかりでゴロアウトなしで、
8回二死まで1失点に抑えた。

しかし極貧打線はたった4安打。
3回に井口のタイムリーの1点とれただけでも
良かったねというようなレベル(>_<)。

1-1で迎えた延長10回裏。

もし11回へ進んだなら、
オリックスは岸田を残し、千葉ロッテは伊藤君を残し、
オリックスは上位打線、千葉ロッテは下位打線の状況。

先頭のカスティーヨがきわどい判定となった
ライトフライとなった。

西村監督は抗議に出たものの、アッサリと戻る。

いや、ここは遅延行為ギリギリまで抗議して
時間稼ぎをしても良かったよね(^^;)。

監督の気が利かないところ?を選手がカバーするように
今江が粘る、粘る。

結局三振に倒れたが、3時間半まで時間を使って
なんとか引き分けた。


しっかし、打てなさすぎだねぇ(>_<)。

とにかく打線が奮起して、投手を援護して欲しい。
がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!




posted by ばかぼん父 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218873779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。