2006年07月27日

当然の結果 (D 4-2 T)

エース福原の試合を落としたのは痛いが、
競り合いで中日に分が悪くなるのは当然の結果だ。
練習量に裏打ちされた、段違いの守備力の差がモロに出てしまう。

秋季キャンプで、守れない連中にHR競争をさせて喜んでいたチームと、
吐くほどの練習をつんできたチーム。

私は「努力は報われるべき」と思うので、中日の守備力が光り、
阪神にミスがでて競り負けることに、悔しさを感じない。
野球という競技は、そうあるべきだとさえ思う。
 
この反省は「来季へ向けて厳しいキャンプをしよう」と
思ってもらうということで、まだシーズンが残っているのだから、
今できる範囲で、ベストを尽くすしかない。
 
7回に勝ち越したものの「1点では逃げ切れない」という判断で、
エース福原に代打まではしかたがない。
しかし、そこで点がはいらなかったわけだ。

でもライトへ中村豊を入れるなど、逃げ切り体勢をとることなく、
「ダーウィンを7回に」と、未だに形から入った継投に入ったところで、
濱中の弱肩を突かれて勝負アリ。しっかし弱い肩だなあ。
それを知っているのにカバーにいかない金本の怠慢、
このレベルで優勝争いすることの方がミステリーだ。

監督は「投げるべきでなかった」という見解のようだが、
刺しにいかなければ投手はタマランし、見ている観客を忘れている。
クロスプレーが楽しいのであって、プロのくせに投げられませんというのは
お金を取れるプレーではない。暴投の連発もプロではないが(^^;)。

また、7回を何とかしのぐというより、7回はダーウィンに任せるという、
(任せると言いながら守備に穴を抱えたままじゃあダーウィンも可哀そう)
「形から入る」ということが、久保田の穴を自ら大きくしている。
こういったことが、新たな不安を抱えることになって、
チームとしてまとまりにくい方へ誘導してしまっていることに
気づかないのか?

まあ、この空白感は、クローザーの座を球児に奪われた
久保田の心の慰めには、なるかもしれんが。

いないものはいないのだから、残っている人間でやりくりするしかないだろ!




posted by ばかぼん父 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

どうやったらナゴドで勝てるのか?~谷繁2000試合出場祝いの勝ち星献上してる場合じゃないって。。。
Excerpt: 【現地のよっちゃんから】 神100 000 100=2 中000 001 31X=5 [投手] (阪神)福原−ダーウィン−江草−金沢 (中日)山本昌−平井−岩瀬 [勝]山本昌5勝5敗 [負]ダーウィン..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道
Tracked: 2006-07-27 07:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。