2011年07月08日

ダルビッシュは既にメジャー仕様(千葉ロッテM 3-4 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 3-4 北海道日本ハムファイターズ

3点取ったとはいえ、中田と糸井の拙い守備による
渡辺正人のランニングホームランで1点と、
バッテリーエラーによる2点のみ。

バッテリーエラーは、ランナーが3塁へ行って、
ダルビッシュが三振をとるためにギアを上げたら、
強風のせいなのか、制御がおかしくなっちゃったって感じ?

これだけのラッキーがありながら、
試合に勝利するまでにはもっていけないところが、
今季の千葉ロッテのチーム力の限界を感じてしまう(^^;)。

記事タイトルの「既にメジャー仕様」というのは、
7回の先頭打者、今江のセーフティバントの処理だ。

上手いバントでセーフになると思った打球だったのだが、
素手で掴んで、上体の筋力だけでビュンと投げて
アウトにされて、メジャーの内野手のようだった。

3点とっても、「打てた」という実感はまるでないが、
千葉ロッテにとって良かったことも多くあった。

ランニングホームランとなった正人の本塁突入は、
タイミング的にかなり厳しいクロスプレーだった。

ホームベースの手前で走路をブロックしている大野を、
かわしながら、頭から突っ込んで右手でベースを払った
「お見事!」な、素晴らしいプレーだった。

「あそこでスライダーを待つか?」という、
6回の伊志嶺の3塁打も、勝負勘の非凡さを感じられた。

もちろん、Y岡田の3回のライナーに対する
ダイビングキャッチは「日常的な」スーパープレーだ。


しかし、なんと言っても、小林敦の進歩の見えた投球が、
一番の収穫だろう。

1点先制した後、先頭に四球、そしてHRというのはイカン。
しかも四球の後の初球だし、大いに反省してもらいたい。

でも6回の無死2、3塁のピンチでカスティーヨのエラーで
失点した後の無死1、3塁で、小谷野と新外国人を連続三振。
金子とは勝負を避け四球を挟んだ後、大野をサードゴロと
エラーで崩れず、最少失点で切り抜けた。

コバアツ、良いじゃん。(^_^)

大嶺だの、光原だの、吉見だのよりも、「また先発で」
と、思わせてくれるような投球だったぞ。


さあ今日からは、強い首位ソフトバンク戦だ。
まずはエース成瀬が、エースらしい投球を
してくれることから、全て始まる。

ホントに頼むよ、成瀬。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!


posted by ばかぼん父 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。