2011年07月06日

「熱き4番」がカンフルとなって瀕死のゲームを救った(千葉ロッテM 8-7 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 8-7 北海道日本ハムファイターズ

いやあ知らなかったけど、野球って、4番が打つと、
簡単に点が入るんだね。(^^;)

獲得してから、ファームの試合に使う事も無く、
おそらくどこのポジションで使うかを決めるための
見極めと調整をしていたホセ・カスティーヨを1軍登録、
即4番スタメンで起用した。

この日のQVCマリンはほぼ無風状態で、高く上がった打球も
押し戻されることなく飛んで行くコンディション。

悪い事に、バースデイ登板となった唐川の、
今季一番デキの悪い日と重なってしまい、
ポンポンと外野を越されて、バッティングピッチャーの
ようになってしまった。

いや、それだけではない。
頭を使って野球をする北海道日本ハムが、
先週、札幌で完封された悔しさもあって、
研究した成果を見せられた。

カーブは投げる時に見破られ、
コントロールの悪いスライダーから、
外の直球へ勝負球の変更も「まるっとお見通し」。

悪くても試合中に立て直すことができるのが唐川の
真骨頂なのだが、それさえ許してもらえなかった。

4番カスティーヨの二死1塁からの同点2ランで、
追いついてもらった直後の4回表に、一死から
4連打と押し出し四球で3点を献上。

続く5回には先頭の小谷野に2ベース。
二岡の打球はカスティーヨのナイスキャッチで、
ファーストゴロ。

この時、カスティーヨはベースカバーに入った
唐川に対して、グラブのまま拍手するように鼓舞していた。

それで唐川が、目が覚めたように立ち直れば
劇画の世界だったのだが(^^;)、現実は甘くない。

金子にタイムリー2ベースを浴びて2−6と
リードを4点に広げられたところで、川越に交代となった。

しかし、日ハム先発のウルフも良くなかった。
先頭の伊志嶺が四球、井口、カスティーヨの連打で、
無死満塁のチャンス。

5番福浦が初球をセンター前に弾き返して3−6。
死球が怖くてインコースを使えない事を読み切った、
今江がライトへ大きな犠牲フライで、4−6として、
一死1、3塁。

本来の下位打線へ下がった大松が最低限の犠牲フライで、
5−6まで追い上げた。

1点差になれば、手薄なリリーフ陣にもかかわらず、
6回から伊藤君を投入。

二死後、中田のショートへの強い当たりを好捕した、
根元が1塁へ悪送球し二死2塁。

稲葉を追い込みながらもライトへタイムリーを浴びて、
ココというところでで踏ん張りきれない勝負弱さが出て、
5−7と2点差でリリーフ勝負となった。

しかし勝負弱くても、味方のミスにシュンとならない
メンタリティが長所であるのが千葉ロッテ。

代った谷元から先頭の根元が四球を選んで出塁。

「バント教」の敬虔な信者である西村監督が、
Y岡田にセーフティバントをさせると、
「バントの神様」が哀れに思われたのか、
谷元がバランスを崩して内野安打になった(驚!)

伊志嶺がキッチリ送って一死2、3塁とし、
井口の犠牲フライで6−7としたものの二死。

ここで4番のホセ・カスティーヨ。
いくらなんでも4の4は無いんじゃない?とか、
ボール球で勝負されて歩かされるよなとか、
「どうせ追いつかない程度の反撃だろ?」と
心の準備(^^;)。

2ボールから外のボール球を振ってストライク。
これで日ハムバッテリーに色気がでたのか、
ファールの後フルカウントから、
外のボール気味のストレート。

これまでの打席、これまでのスイング全てが、
「ひっぱり」だったが、この時は、とっても上手に
外の球に合わせて1、2塁間を破るタイムリーヒット!
7−7と追いついてしまった!!!

ヤンキースの元監督であるトーリさんが言っていた、
「二死3塁の場面でヒットを打てる打者が本当に良い打者」
によれば、カスティーヨは「ホントに良い打者」と
いうことになる。

いやあ、「千葉ロッテの4番」がこれほど打つ姿は、
記憶にないね(忘れっぽいだけ?^^;)。

内がいない分、カルロス・ロサが2イニングいって
7−7で迎えた8回裏。

先頭のY岡田がヒット、この場面は当然バントで、
一死2塁。

井口が詰まったレフトフライに倒れて二死になると、
さすがにカスティーヨは敬遠された。

次打者の福浦に向かって、「絶対打てよ!」と
拍手して鼓舞しながら1塁へ向かうカスティーヨ。

テニスの松岡修造のように暑苦しい(^^;)、
いや,そうではなくて、千葉ロッテに欠けていた
「熱い気持ち」が、表に出てくるプレーヤーだ。

ベテラン相手だろうが、ものを言えた西岡が抜けた後、
大人しい「良い子」が多くなりつつある
千葉ロッテというチームにとって、
カスティーヨの熱さは、性格的にも
良い補強になるんじゃないだろうか?と思った。

たとえY岡田でも刺すと、前進守備を敷く日ハム外野陣。
しかし、福浦がフルカウントまで粘ったお陰で、
投球と同時にスタートが切れる状況を作り、
ライト前にタイムリーヒット!

絶対間に合わないのに、走路に邪魔をするように
立っている捕手の大野に対し、
Y岡田は怒りの?体当たりをかまし、ホームイン!

8−7とついに逆転に成功した。

9回は薮田。
先頭の稲葉にヒット性のセンター前への飛球を打たれるが、
Y岡田が気合いのスライディングキャッチ!

怒ったような、気合いの溢れる表情で、ガッツポーズ!
「熱さ」がY岡田にも伝染したのか?(^^)

小谷野にはヒットを打たれたものの、
後続は打ち取って、カスティーヨのデビューゲームを
勝利することができた。

試合の前半は日ハムが「してやったり」の展開で
完全な負けゲームだったのだが、唐川がやられながらも
逆転勝ちできたのは、良いキッカケになりそうだ。


さあ、この勢いで、連勝しておこう。
小野晋吾、頼むぞ!
吉川を打ち込め!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!






posted by ばかぼん父 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。