2011年07月05日

2011マツダオールスターゲームのプラスワンは誰に?

監督推薦選手が発表されて、プラスワンの一人を除き、
陣容が明らかになった。

出場メンバーはこの通り

セ・リーグのオールスターに選ばれた外国人を見ると、
今年も投手ではバリントン、サファテの広島勢、
野手ではバレンティンと東京ヤクルトが日本に連れて来た
ラミレスが選ばれ、投手の外国人スカウトは広島、
野手の外国人スカウトは東京ヤクルトが
実に優秀であることが如実に表れている。
(阪神のマートンは稀に見る大当たり)

うらやましい限りだね。
ということで、セ・リーグについては、これくらいにして
パ・リーグについて。(^^;)


パ・リーグの秋山監督は、先発投手を自分のチームから
監督推薦で3人も選出した。

野手に関しては、オールスターに出場することが、
負担よりも、得られるものが大きいと思うので、
自己中心的な考えに素直に従えば、自分のチームから
多く呼びたいのが本音だろう。

特に自分のチームの捕手に、同一リーグの投手の球を
受けさせ、球筋を確認するという露骨な事だって、
やろうと思えばできるのだ。


しかし、秋山監督は、野手ではなく、オールスターに
投げさせる事で、後半のローテに影響しかねないのに、
先発投手の和田、杉内、摂津の3人を選んだ。

素直に男気のあるエライ人だと思った。
(第1戦に3人とも使ったら前言撤回するけど^^;)

メンバーを見ても、内川が間に合うかどうかが心配だが
至極妥当な人選で、勝てそうな良いメンバーが揃ったと思う。

やるからにはドラフトの指名順のこともあるし、
当然パ・リーグに勝って欲しいので、
残るプラスワン投票を誰にすべきかを考えよう。

捕手は既に3人いるし、内野は各ポジションに2人だが、
外野は普段ライトを守っている選手が選ばれてない。

打撃の人としてはソフトバンクの多村が元気なら、
有力候補だったが、各チームとも俊足好守系の人ばかり。

ということでセンターには坂口、糸井をライトへ回して、
固い守備陣を敷くことになりそうだ。
いざとなったら、稲葉もライトを守れるし。

私の「出させてやりたい」という気持ちでは、
魅せる守備力をもつ、千葉ロッテのY岡田なのだが、
代走から出すとすると、スタートが上手くないし、
単なる守備要員では、難しい打球が飛んでこないと
ツマンナイし(^^;)。

勝つためのチームのベンチ要員としては、総合力で
現在の盗塁王、東北楽天の聖澤の方が、
Y岡田より戦力になりそうだと思う。

もうひとりの候補としては、無類の勝負強さを見せている、
埼玉西武の代打要員、平尾を推薦したい。

今季の平尾は「チャラ尾」ではない。

坊主頭とギョロ目にも凄みがあるし(^^;)、
打席での高い集中力は、代打要員として
大きな戦力になりそうだと思う。


さあ、今日は、にわか雨があるかもだが、
オールスター初出場が決まった\(^_^)/唐川で、
キッチリとカード初戦をいただこう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!





posted by ばかぼん父 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。