2011年06月30日

サブローの強引な放出と日ハムに外野守備力を見せつけた勝利(北海道日本ハムF 1-4 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 1-4 千葉ロッテマリーンズ

昨日の夕方に知ったサブローのトレードの話は、
私にとっても衝撃だった。

トレード相手が工藤+金銭ということだったので、
「千葉ロッテがサブローを放出したい」という事が、
目的であることは解っていたが、実際に石川球団本部長から
持ちかけたという記事
がでていた。

つーか、こっちは4番を出すのだから、
若い外野手なら、せめて橋本到くらいは穫ってこいよ。

球団本部長として交渉で足下を見られ過ぎだ。

確かに、ハムストリングを痛めてからは、
守備力が目に見えて劣化していたとはいえ、
4番に据えると実力が発揮できなくなる選手が多い、
千葉ロッテの中で貴重なメンタリティをもつ選手である
サブローの放出は大きな戦力ダウンだと思う。

怪我人が相次ぎ、けっして余裕があるわけでもないのに
その戦力ダウンを覚悟してまで放出したかった
「本当の理由」がなんだったのかは、
一ファンである私には全く解らないけれども、
余程の事だったのだと思う。

QVCマリンフィールドで谷保恵美さんの
「サブロ〜〜〜〜〜〜〜↑↑↑↑」がもう聞けないのは
とても淋しいけれど、大村(になるのかな?)には
読売で千葉ロッテを見返すような大活躍をして欲しい。

どうも千葉ロッテから出て行く、または出された選手は
多いのだが、野手で活躍している選手が少ない。

千葉ロッテのブランド価値?を高めるためにも、
大村三郎選手には、もう一華咲かせて欲しいと思う。


昨日の試合自体は、とってもナイスゲーム!

斉藤の初登板の時は、大嶺なんぞで甘やかしてしまったが、
連敗しなくてホントに良かった〜(^^;)。

小野晋吾、ナイスピッチング。

そしてなによりも、フライが上がると、
どこでもアウトになる感覚を、本家・日本ハムの
皆さんにも味わっていただけたのが痛快だった(^_^)。

センターの糸井とY岡田のハイレベルな守り合いは、
ほぼ互角だったが、
(最終回の稲葉の首を傾げる姿は気持ちよかった^^)
レフトが南竜介の分、千葉ロッテの外野陣の方が、
やや上だったね(^_~)。

6回のピンチでのホフパワーのファールフライの
スライディンキャッチは、
小野晋吾と千葉ロッテを救ってくれた。

攻撃では、「バント教」に入信している(^^;)西村監督の
作戦が失敗した方が得点になる千葉ロッテ。(^^;)

5回に無死1塁から里崎がバントを2回失敗した後、
ヒットで無死1、2塁。
根元がバント失敗で一死となるが、
南が高いバウンドのショートゴロに、里崎が良く走って
2塁でセーフとなって満塁。

前進守備を敷いた左中間を、Y岡田がしぶとくやぶって
走者一掃の3塁打!

伊志嶺もタイムリー2ベースで一挙4点を挙げた。

南竜介は9回に伊志嶺のヒットで本塁突入し、
強肩の陽が前進守備をとっていたのでアウトになったが、
スライディングは上手かったし、5回のショートゴロも
無理矢理しぶとく打った感じで、泥臭いけれど、
チームにとって、とても良いプレーをしてくれている。

伊志嶺の成長、バックアップとしての南竜介の活躍も、
皮肉なことにサブロー放出への後押しになったと思う。

まあ、千葉ロッテという球団のファンというのは、
理不尽なトレードで、功労者を放出したり、
自ら戦力ダウンすることに「免疫力をもつ」しかないのだ。

私はサブローの放出をけっして肯定はしない。
ただ受け入れるだけしかできないと思っている。

しかし、貧乏球団にとって「売れるうちに選手を出す」
姿勢は、必要悪であることは解っているし、
さっきも書いたが「球団とサブローの間に何があったか」
が解らない以上、判断のしようがない。

ただサブロー自身のプレーが「キビキビ」と
していなかったのは事実だったので、
「放出」という判断をされる「隙?」を見せちゃった
責任?は、サブロー自身にもあるかもと思っている。


さあ、今日はダルビッシュ様と今季初対決か。

「凄いピッチング」とやらをじっくり見させて、
もらいましょう。

小林敦、プロ初先発だね。
がんばって、ローテに入れるようなピッチングを
みせてくれ。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212534535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。