2006年07月22日

球児が「お祭り」を「勝負」に変えた (オールスター戦)

オールスター第一戦の9回表がくるまでは、選手が楽しむお祭りムード。
MVP狙いの青木は全打席HRを狙い、電光掲示板ベルトの新庄は
「わざと遅らせた?」ダイビングキャッチで顔面を強打しながらも、
ニッコリ笑顔。いつものオールスターだった。

ところが9回、球児がマウンドへ上がり、初球を投げる前のこと。
遠慮がちではあったが、打者カブレラに向かって、
直球の握りで腕を突き出し、オール直球宣言。
ニコニコかわいい笑顔で、おもいっきり挑発。

この挑発を受け、明らかに「カチン」と来たカブレラも、
コーチャーボックスも清原も、ベンチで見ていた選手全員の表情が変わった。
そう一気に「マジ」になった。
 
初球はど真ん中へ、しかしカブレラのバットは空を切る。
直球と解っていて、しかもストライクを投げられてもバットに当たらない、
奪三振ショー。

次打者、北のサムライ小笠原の表情が怖いこと。
2球目にバットにかすり、その後後ろへもファールを打つが、
最後は真ん中低目を空振り三振。

オール直球といわれて、コンパクトにアテに行くことをせず、
HR狙いのフルスイングで応えた2人の打者。
これだけで「別料金」でOKの、圧巻の三振ショーだった。

これはもはや「野球」ではない。
男同士の鳥肌の立つ「真剣勝負」だ。

パでは誰が打席に立つのかが、「取り合い」になるのではないだろうか?
球児の直球を打てば、それだけでMVPなんじゃない?
スタメンを拒否して、球児の時に代打に出してくれと、直訴したりして。
私的には、宮崎では、松中、清原、そして打者松坂と勝負して欲しいな(^^;)。


posted by ばかぼん父 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(4) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2006オールスター第1戦レフト外野で観戦【追記あり】
Excerpt: 【自席からSHINJO】 結局、神宮球場に着いたのは、三回表清原の三振からで、川上と松坂のビッチングは見られず。 その裏、藤本がSHINJOへのポップフライの後、青木のホームランで2-1に。赤星が..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道
Tracked: 2006-07-22 07:43

No.362:指切り
Excerpt:  おはようございます。やってくれます・・・この男。 ? SHINJOが光り輝いた――。「2006 サンヨーオールスターゲーム」第1戦が21日行われ、今季限りで引退を表明している日本ハム・新庄剛..
Weblog: !? びっくり&はてな
Tracked: 2006-07-22 08:24

オールスター第1戦&前半セを振り返る
Excerpt: 神宮で行われたオールスター第1戦は3対1でセがパに勝利した 試合は中日の川上からロッテ里崎の本塁打でパが1点を先制して 巨人の李が同点打を打ちヤクルト青木&岩村がソロ本塁打を打ち 中日の..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2006-07-22 08:48

オールスター・ゲーム:全セ3−1全パ/ これぞオールスターだ!
Excerpt: 勝つことを目的にしてゐるのではなく、自分の持てる力を發揮することに全力を盡す。 これぞ、オールスター・ゲームの醍醐味だ。
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-07-22 17:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。