2011年06月11日

機動力勝負で勝ち、「4番・大松」が爆発し連敗ストップ(千葉ロッテM 10-1 広島東洋C)

千葉ロッテマリーンズ 10-1 広島東洋カープ

広島カープは、前日に埼玉西武のルーキーサブマリン、
牧田に3バントスクイズ!の1点に抑えられていた。

今日の先発の渡辺俊介の前に下手投げの予行演習されて、
「嫌な感じ」と思っていたが「案ずるより産むが易し」、
サブマリンがいないセリーグのチームということもあり
明らかに俊介の術中に嵌ってくれた。

初回こそ、丸に対し、追い込みながら甘く入った球を、
ライト線へ2ベースを打たれたが、
なんと!2アウトなのに三盗を敢行!

この日スタメンの的場を揺さぶろうということなのか、
よく狙いがわからん奇襲だったが、的場が刺して
あっさりチェンジとなった。

その裏、千葉ロッテは一死から2番で起用された伊志嶺が
2ベースで出塁すると、ジオの癖を見切って、
ホームの方を向いて2球目を投げる前にスタート!

打者井口も甘いストライクを見送って、三盗に成功した。
丸に三盗の見本を見せたようだが、
伊志嶺の走塁のセンスは岡田より上なので、
2番に定着できると良いね。

でも伊志嶺は、先日の阪神戦とは大違いの活躍だったが、
千葉ロッテが金曜日に行った全体練習が、
良いキッカケとなった「成果」なら良いのだが、
単にナイターが苦手?ってことは無いよね。(^^;)

井口は四球覚悟の攻めに、焦らず四球を選び、
この日4番に抜擢された大松に一死1、3塁で廻った。

ここで大松は初球の低めのストレートをセンター返し。
先制のタイムリーとなって、
いきなり最初の打席から「4番の仕事」を果たしてくれた。

5番に入った今江はサッパリだったが、
6番ファーストの福浦もタイムリーを放って2−0。

5回裏にはヒットの岡田におそらくサインの盗塁成功。
伊志嶺がバントで3塁へ送って井口のショートゴロで
追加点を挙げた。

勝負を決めたのは7回裏。
ジオが一死から岡田を内野安打で出塁させると、
広島ベンチは盗塁を怖れたのか、吉本へ投手交代。

伊志嶺が2本目の2ベースを放つが、
岡田のスタートが遅れて一死2、3塁。

井口は当然のように貫禄の四球で満塁となって
4番打者・大松を迎えた。

初球の低めのフォークを「泳いだように」
前で捌いた「打った瞬間」のグランドスラム!

試合を決めた見事な「4番の仕事」。

これだよ、これこれ!大松のバッティングは!(^_^)

球を引きつけ軸を作って回転などしなくても、
自分に合ったバッティングで、
泳いだように前に身体が流れても、
打球をスタンドまで運べるのなら、
なんの問題があるというのか?

どんな素晴らしい理論であっても、たまたま
「不向き」な人がいる事は、不思議でもないこと。

「自分の打撃」というものを、もう見失う事無く、
「4番打者」の仕事をしっかりと続けて欲しい。

4番が打てば井口も打たせてもらえる。

8回にダメのダメを押す2点タイムリーを稼ぎ、
この日3打点と、久しぶりの快勝だった。

俊介は完封までできそうだったが、
そこは俊介らしく(^^;)、9回に1失点したものの
完投勝利で、連敗を止めた。

やーーーーっと、QVCマリンフィールドで勝てました。
見に行ったファンの皆様、おめでとうございました。


さあ、今度こそ、連勝できるか?
唐川、頼むぞ!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209220143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。