2011年06月06日

「平田良介を新たなスターに」キャンペーンへ協力(中日D 1x-0 千葉ロッテM)

中日ドラゴンズ 1x-0 千葉ロッテマリーンズ

風のいたずらのお陰の「まぐれ」でひとつ勝ったツキなど、
「持ってる男・平田良介」の前では無力だった(>_<)。

昨年と同じ事を書いているような気もするが(^^;)、
「4番・金泰均」と無理心中する気でいくなら、
チームが浮上するためには「金泰均の覚醒」という、
奇跡が起きなきゃならない。

Y岡田が盗塁に消極的なのと同様に、両者とも、
技術だけではなく、本人の性格的なものが「壁」と
なっていると思うので、一皮剥けるのは簡単ではない。

今シーズンが終る前までには、我慢が報われて、
良い材料が出てくることを期待するしかないね。

試合は、千葉ロッテの唐川vs中日・川井の投手戦、
いや、貧打戦?で、0-0のまま6回まで進む。

7回、二死1塁から、8番の南竜介が今季初安打となる
2ベースで2、3塁のチャンスを作った。

どうしても先に点を取らなければならない千葉ロッテは、
好投の唐川に代打今岡を送って、最初の勝負へ出た。
しかし、惜しくもサードゴロに倒れて先制ならず。

7回裏はカルロス・ロサ、8回裏は内が、ピンチを
招きながらも0に抑えて、もう一勝負できる形をキープ。

9回から代った鈴木から、一死後、大松が四球を選ぶと、
代走に伊志嶺を起用した。

続く里崎の打席で、3ボール1ストライクから、
待望の盗塁を決めた!

ボールなら四球の場面で、ランエンドヒットだったかも
知れないが、リスクを背負って勝負どころで決めてこそ、
盗塁には価値があるのだ。

フルカウントから上手く右へ打った里崎の打球は、
右中間への良い当たりの飛球。

前進守備をしていたライトの平田が、背走してジャンプした
そのグラブにスッポリと打球が収まってしまった。

「やった〜、え?うそ〜」の、唯一の勝機を摘み取られた
瞬間だった。

ヒーインで平田は「まぐれ」と言っていたが、
練習量に裏付けされた追い方と、ドンピシャの
タイミングのジャンプだったね。

この後、代打神戸を送ると、相手が左の小林正へスイッチ。
そこで西村監督は手拍子に代打青野???
外野が足らなくなった???

青野が打てるわけではないのに、薄い代打陣を
見透かされたように歩かされた。

さらに中日は、豊富なリリーフ陣を見せつけるように
左の小林から左の三瀬へスイッチ。

投手の内のところで右打者高口を代打起用するが、
「バットに当たって良かった」と思ったくらいの、
ライトフライで無得点に終った。

9回裏には、代打の青野がレフトへ入ったのだが、
怪我をしているうちに内外野を守れる?ユーティリティ
プレーヤーになっていたのか。

ファインプレーの平田が、9回裏に薮田から、
仕上げの「打った瞬間の」2試合連続サヨナラホームラン。

4番打者に育ったT-岡田とともに「浪速の四天王」と
呼ばれた逸材が、いよいよブレークし始めたのかなあ。

まあ、セリーグにも新しいスタープレーヤーが誕生する事は、
野球界にとって望ましいことだ。
千葉ロッテも微力ながら、協力させてもらった試合となった。
(そんな余裕はちっとも無いのにね>_<)

でも薮田がHRを食らって負けたが、浅尾、平井、
岩瀬らを残している中日と、勝ってないわりに、
連投を強いられている千葉ロッテのリリーフ陣で、
消耗戦の引き分け狙いをするよりは、長い目でみれば
かえって良かったとも考えられる。

1点を先にとるしかなかったので、捨て身の勝負に出たのは正解。

でも、代打青野、代打高口というのでは、あまりに貧弱だ。
右左にこだわらず、神戸や福浦での勝負もあったと思う。

というよりも、ここに至る前に1点も取れなかった事に、
大いに問題があるのだが・・・・。
(これについては最近の記事で度々書いているので割愛)

さあ、今日の先発は吉見か大谷か?
援護は無いかも知れないが、もし大谷なら、
先発での初勝利を目指して、頑張ってくれ。
(うーむ、悲愴だ^^;)

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/207558999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。