2011年06月05日

「完全な負けゲーム」を狭い球場とフォローの風と金泰均の「一発狙い」のお陰で逆転勝ち(横浜BS 5-6 千葉ロッテM)

横浜ベイスターズ 5-6 千葉ロッテマリーンズ

野球には、こんな事もあるんだよねえ。

横浜ベイスターズの関係者とファンの方々には、
誠に申し訳ないけれど、「あれ?あれで入っちゃった」,
そののち万歳三唱の、歓喜の逆転3ランだった。

この試合では、懲罰なのか、休養なのか解らんが、
ショートの高濱とライトの伊志嶺を下げ、
塀内と南竜介がスタメンで起用された。

私に言わせれば、変えるべきは「幹」である4番であって、
そんな「枝葉の部分」を変えても、なんの変化もないことだ。

初回に、性懲りも無く(^^;)、でもバントイップス?を
完全に克服した塀内が、ヒットの岡田をバントで送ると、
初回ということもあって、高崎ー細山田のバッテリーが
井口と勝負してくれてタイムリー2ベース、
金泰均は四球を選んで、二死後に大松にもタイムリーと、
さい先良く2点を先制した。

なるほど、初回に関しては井口と勝負してもらえる
可能性も高いので、バントもアリなのか。

私は、初回の立ち上がりこそ、バントなしで、
リスクを背負っても、一気に相手投手を崩す、
ハイリターンを狙う方が好きなのだけどね。

2点を先制したものの、日曜に35球、
連投で月曜に71球投げていて、中4日で先発した俊介は、
コントロールが悪く、無理も無いが
「とても悪い俊介」の日。

1回裏には村田の内野ゴロで1失点、
続く2回には石川、金城の連続タイムリーで3失点、
3回にはスレッジに「え?あれで入るの?」の
ソロを浴びて4回5失点の内容で、
あっさりと逆転を許してしまった。

代わりに起用された塀内は、守備範囲の狭さで、
ショートのレギュラー候補とならなかった理由が
わかったし、盗塁に対するタッチの甘さでセーフにし、
打っても4−0(でも最後打席の当たりは良かった)。

南竜介も2三振と、代った2人のメンバーは、
泥沼のチームへの起爆剤どころか、プラスにすら
なれなかった。

2回にはY岡田が盗塁失敗もし(>_<)、
6回の一死満塁のチャンスで起用された代打福浦が、
ボテボテのゴロでも併殺を崩せず無得点。

ますます消極的になりそうな、
さらに悪くなることはあっても、良い事は「兆し」すら
なさそうなまま、負けてしまいそうな流れとなった。

それでも、負けが込みすぎて余裕が無いので、
3点ビハインドでも伊藤、カルロス・ロサ、内を投入し、
追加点を許さず終盤へ。
良い材料といえば、カルロス・ロサが安定して来たことか。

8回に牛田の直球を、狭い球場が大好きの里崎が、
狙い撃ちのソロで2点差まで迫って9回表。

マウンドには当然抑えの山口だ。

ライトの守備から9番に入っていた神戸が、
この日2本目のヒットとなる2ベースで、無死2塁。
アッサリ二死となったが(>_<)井口が貫禄の四球を選ぶ。

ここで金泰均は
「最後の打席は本塁打しか狙っていなかった。後ろにつなぐ考えはなかった。少し振り遅れた感じだったけど、うまく打球が上がってくれた」
そうだ。

初球の直球は、モロに振り遅れのファール、
「やっぱりダメそう」と思った2球目。

なぜかフォークを選択した横浜バッテリー、
しかも高めに抜けて来た。

打ちにいった金泰均の打球は、上がりすぎてフライに。

ハマスタWAVEで見た映像では打たれた山口が、
打ち取ったと思って、万歳したのかと思ったが、
夜のスポーツニュースで見た別角度の映像では、
山口の表情は、失投を打たれて「しまった」と
いうものだった。

普段、やっているホームの球場なので、
あんなのでも「いかれた〜!」と解っちゃうんだ。

なんだか、横浜の投手が可哀想な気持ちになったが、
金の打球は右中間の最前列へ飛び込んで、
めっちゃ大きな値千金の3ランHRとなった〜!!!!

おお、3点ビハインドでも勝ちパターンの投手で
繋いでいて良かった。
金泰均を4番に起用して良かった。

と、西村監督は思っていることだろう。(^^;)

でも、狭い球場を考えてHRを期待しての起用に、
ホントに監督の期待に応えた金泰均は、
良くやったと思うぞ。


なんだか、もの凄いラッキーで、
地獄から天国へとなったこのゲームを、
なんとしても浮上のキッカケにしないとね。

今日は、強い中日に、温存した唐川で挑むことになる。

狭くもないし風もないナゴヤドームだが、
なんだか昨日の試合で谷繁が負傷退場したそうじゃないか。
他チームであっても、選手の怪我を喜ぶことは良くないが、
やっと運が巡って来た気がする(^^;)。

その運をしっかりと掴むためにも絶対に連勝しよう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!
posted by ばかぼん父 at 09:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
昨日の試合を見ましてあることを思い出しました。以前あまり野球を知らない知人からの質問に野球を何十年も見てきた私ですが返答に窮しました。

『なぜ野球場は(インフィールドの)大きさがまちまちなの?コートの大きさがまちまちのスポーツなんて他にないよね。それじゃあホームランの数とか競うの不公平だよね。サッカーで言うとゴールの大きさが違うようなものでしょ』
『野球はそーいうものだから。そこがおもしろいだよ。アメリカがそうだし』
とお茶を濁しました。

が、ほんとにそうなのでしょうか
他のスポーツ以上に数字が評価されるスポーツなのに同じ打球がアウトかホームランか球場により変わってくるとは。セリーグで言うと巨人、横浜の選手と阪神、中日の選手を打撃、投手成績で数字比較するのは全く意味がないような・・・・。
でも給料も評価も数字が基準となるし。

せめてこれから建設する新球場は大きさ、フェンス高さは規定すればと思います。

ばかぼん父さんはいかが思われますか?
Posted by とらぼん at 2011年06月05日 13:02
to とらぽんさま

私なりに真面目に、ご質問にお答えします。

とらぽんさまも言及されているとおり、MLBの球場は大きさが違うどころか、形の左右の対称性までないところもあります。投手板からホームまでと塁間の距離だけですかね?既定されているのは。

(1)球場が異なることによる個人記録の不公平性についてと、(2)新設球場の広さの制限について、私見を書きます。

(1)については、結論を先に書くと、野球の個人記録は、陸上競技や水泳のような記録に意味のある競技のものとは全く別物だと思っています。

東京ドームよりも、さらに小さかった後楽園球場を本拠地にしていた読売の、王貞治選手の通算本塁打の世界記録も、MLBの関係者から見れば「極東の島国のローカルなもの」という見方ができるでしょう。
でも、オフィシャルに世界記録として認められています。

何が言いたいのかと言えば、野球の記録は、選手を讃えるものとして存在するもので、他とフェアに比較するために使われるものでは元々ないのだと思います。

選手の年俸については球団毎の基準で決めているので、使用球場の条件は同じなので、問題はないと考えます。
この考え方を極端に発展させれば、本塁打の数等の記録も、世界記録、NPB記録、リーグ記録とは別に、球団記録に重きを置けば良いことになります。

私は元々個人記録より「見て面白いかどうか」に重きを置いているので、冷たいですかね(^^;)。


(2)については、古い球場ほど、そして都会にある球場ほど、狭い傾向があります。

パリーグは郊外に作った新しいものが多く、セとの差別化を狙った目的もあるし、人気を考えれば客席にそれほど多くの面積をさく必要も無かったので、広いプレーグランドを確保できています。

プロ野球は「お客に魅力あるものを見せる」ことが本来の目的なので、スリリングなクロスプレーに繋がるベースランニングであったり、強い肩、洗練された中継プレーを見せるには、広い球場の方が向いています。(逆に広い球場に合わせるとこのような野球になります)

お客が、狭い球場でポンポンHRが出る野球を望めば、狭い球場や飛ぶボールを使うことになるだろうし、私が好きな前述のような野球を望めば、自然と広い球場が増えることになると思います。

最近できた球場は、エコスタジアム新潟のように、実際に広いものになってきているのではないでしょうか?

Posted by ばかぼん父 at 2011年06月05日 19:46
お返事ありがとうございます。

私も広い球場が好きです。

非ドームの大きな球場が増えるといいですね。
Posted by とらぼん at 2011年06月06日 22:14
to とらぽんさま

コメント、ありがとうございます。

>非ドームの大きな球場が増えるといいですね。

そう思います。日本の気候を考えればドームというのも、仕方が無い面もありますが、贅沢を言えば選手の怪我の可能性を減らすためにも天然芝が良いです。

その点甲子園球場は、水はけの良さ、阪神園芸の高いスキルとセットで雨にも強く、素晴らしい球場だと思います。

ほっともっと神戸やマツダズムズムもかな?
Posted by ばかぼん父 at 2011年06月07日 07:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/207289533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。