2011年05月29日

雨天決行で「打てん」かった4安打完封負け(千葉ロッテM 0-2 読売G)

千葉ロッテマリーンズ 0-2 読売ジャイアンツ

読売戦が予定されていた予備日を含めた3日間は、
全て雨予報だったのだが、ローテの軸の一人である
唐川が登板予定でもあり、1試合でも消化しておきたい
千葉ロッテは、試合決行を選択した。

唐川は、雨のせいか、ときおり
変化球が甘く高めに入るところを痛打されるものの、
初回と6回に犠牲フライで1失点ずつしたが、
伊志嶺や今江らバックの好守にも助けられ
2失点9回完投と好投してくれた。

しかし、4番里崎の極貧打線が、
内海ー阿部のバッテリーの前にわずか4安打に抑えられ、
完封負けを喫してしまった。

広い球場が多いパリーグは、投手力と野手の守備力の
レベルが高くなる一方、簡単にHRになってしまう狭い球場の
セリーグでは、捕手のインサイドワークのレベルが高くなる。

捕手に関しては、セリーグの中でも一流の中日・谷繁や、
読売・阿部が、現役では日本のトップだと思う。

千葉ロッテの打線の中で多く占める若い選手達は
阿部に何の球種を狙っているのか、アッサリと、
見破られちゃったかな?

といっても、対阪神の2戦目で守備位置により、
見え見えの外角勝負が解っていても打てなかったのだから、
単純に打撃レベル的に苦しいだけかもしれない。
(もっと悪いじゃん>_<)

特に高濱は、良い左投手の投げる変化球には、
バットを当てることすらできなかった。
相手投手との兼ね合いで、この日も代打で三振だった
細谷との併用になるかもね。

また問題なのが「里崎の4番」だ。
現在の千葉ロッテの打「線」は、実質、井口の打「点」。

打順を考えるとき、考慮するのは、
「いかに井口で勝負してもらえるか」ということを主眼に
すべきだと思う。

解り易く言えば「井口を敬遠」されたら負けということ。
井口の次において、ランナーためて迎えるのは嫌だと、
「相手に」思ってもらえる打者を置くしか無いのだ。

その意味では「ガラポン打法」の人では、
いつ「当たり」がでるか危険率は常に低く一定で、
怖がってもらえず、「井口との勝負は歩かせてもOK」で
こられてしまう。

折角の俊足コンビも盗塁すると1塁が空いて、
井口が歩かされるので、走れなくなってしまうし、
唯一「1、2塁で井口」の形を作るしか無いかもね。

現状での井口の次の打者だが、
例えばソフトバンクの川崎や本多のように、
内を引っ張ることも、外にチョコンと合わせられるような
打者の方が、スコアリングポジションに置いて迎えるのは
嫌だろう。(私は本多が嫌だ^^;)

相手が左投手であっても、福浦しかいないのでは?

私の一押しの今江の場合も、後ろに強打者を置く事で、
「今江とストライクで勝負」してもらえてナンボの選手。

ダボハゼのように何でも振りに行く今江は、
ボール球で勝負されると不利になる。

相手が今江を「歩かせられない」状況こそ、
今江の実力が発揮される「土俵」となるのだ。

ということで4番に井口を下げて、3番へ今江を入れ、
今江にチームの浮沈を担ってもらうのもひとつの策。

でも、今、今江の調子は悪いんだよね(>_<)。


金曜日のファームの試合で、やっとサブローが打席に立った。
1−0、2四球だったらしい。

土曜日には、まだ登録しなかったので、もうちょっと下で
打席に立ってからとなりそうだが、それまでの間は、
大変だが、投手陣に頑張ってもらうしかなさそうだ。

今の千葉ロッテよりは強いセリーグのチームでも、
もっと強いソフトバンクは止められそうにない。

しかし、怪我人が戻って来た時、逆襲するためにも、
できるだけ我慢して、耐えて行こう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!


posted by ばかぼん父 at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は,久しぶりにお邪魔します。
マリーンズの伝家の宝刀,秋将軍に備えて夏眠中ですか?眠りから覚めたライオンズ,SBの快進撃と例年の交流戦の風物詩で予定調和してます。
となると,交流戦優勝チームは最終的には,最下位か5位のBクラス?
とんでもないリーグですね。
Posted by しまき at 2011年05月29日 10:37
to しまきさま

コメントありがとうございます。

>マリーンズ夏眠中

いやいや、今季はマジに苦しいですね。

今季の交流戦、ソフトバンクが優勝だと思います。
(それ以外になって欲しいですが^^;)

ソフトバンクは昨年の「一応」リーグ優勝チーム。
昨年は埼玉西武の失速による「一応の優勝」でしたが、
今季は交流戦の結果に関わらずリーグ戦も実力でブッチギリそうです。

マリーンズは5年に一回日本一になれるのなら、
翌年Bクラスでも贅沢は言えません(^^;)。
実力差がないので、優勝から最下位までの可能性が、
どのチームにもありますからね。

Posted by ばかぼん父 at 2011年05月29日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205477563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。