2011年05月27日

レフトへ打たせないリードにわずか4安打(阪神T 1-4 千葉ロッテM)

阪神タイガース 1-4 千葉ロッテマリーンズ

試合自体は、エース成瀬の登板日ということもあり、
初回の「エラー、エラー、3ラン」でアッサリ決まった、
勝っただけの意味しかない、内容的にもツマラナイ試合。

阪神先発の岩田が、岡田の足に関本が焦ったのと、
自らの悪送球で招いた無死1、2塁のピンチで、
動揺したところを、井口さ〜んが軽く打った打球が、
距離的に近いレフトスタンドへの3ラン!

4番に里崎という「4番からすでに下位打線」を
構成していたので、「3番井口だけ」の打線。

最初のチャンスでよくぞ、打ってくれましたm(_._)m。

しかし、この後は、雨が酷くなる前に
試合の成立をさせることが第一優先ということも
あったけれども、立ち直った岩田にピシャッと抑えられ、
たったの4安打しか打てなかった。

というか、ラッキーゾーンであるレフトへ飛んだのが、
初回の井口のHRと清田のフライの2本だけ。

この日は、城島が腰の張りとかで、藤井が先発マスク。
城島よりも、野球に対して真剣に頭を使える藤井は、
与えられた悪条件の中、見事にレフトへ打たせない配球を
していたのだと思う。

昨日はサンテレビ配信のTV映像を千葉TVで見ていた。

強めのサードゴロを、今江がフツーに捕っているのに、
アナ氏は「サード強襲!」と言ったりして、
普段見ておられるであろうプレーのレベルが忍ばれた(^^;)。

何の理由があるのか知らないが(^^;),外野の守備位置が
俯瞰的に解る映像を映してくれなかったので、
なかなか解らなかったけれど、8回の今江の
センターややレフトよりの打球が2ベースになるくらい、
センターの俊介がライト寄りに守っていたのだ。

送球できないレフトのカバーを、センターが捨てられるほど、
「右にしか打たせません」という事が徹底できていたんだね。


そうしたら、ライト・マートンがボーンヘッドをやらかし、
駄目押し点をタダでくれたのだが。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

(ちなみにレイサムのwikiにもう書き加わっている^^;)

そのマートンだが、前日の平野の「水平飛び」ダイビング
ファインプレーの時、横たわる平野をヒョイっと飛び越えて行った。

たしかに面白い絵ではあったけれど、私は違和感を感じた。

チームメートがファインプレーをすれば、
そこで助け起こすなり、グータッチをして讃えるなり
するのが、フツーのチームだと思う。

まあ、チームとしてのまとまりも、試合への集中力もない、
ふてくされたような、バラバラの状態なんだろう。

こんなチームの試合は放送しない方が野球界のためじゃない?
(と、パリーグTVで見る事ができない甲子園の試合が
済んでからいう^^;)


こんなチームに負けなくて、ホントに良かったよ。(^_^)

不利な条件で「それでも勝ぁーつ!」は難しくても、
メンタル的には立ち向かい易いが、
「勝って当たり前の試合」をちゃんと勝つ事も、
メンタル的にはプレッシャーとの戦いになるので、
それなりに難しいことなのだ。

しかし、打てんかったなあ。 ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ。

代打で神戸と細谷を使ったが、次に野手を上げる時の
降格候補がこの2人なのだろう。
西村監督は「落とすための采配」を結構するからね。

どっちも三振と低位引き分けだったけれど、細谷かな?


さあ、次は読売との、お互いイースタン
世代交代進行中?対決か。

引き締まった良い試合をして、なんとか連勝を伸ばしたい。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばかぼん父さんがタイガースファンの頃より楽しく拝見させていただいています。私は阪神ファンなのですがばかぼん父さんにお願いです。タイガースをもう許してあげてください。ほんとうにお願いします。つらいです。読むなといわれてしまえばそれまでなのですが・・
Posted by TORU at 2011年05月27日 12:27
to TORUさま

コメントありがとうございます。

うーむ、たしかに意地悪な記事ですね。
TORUさまのみならず、ご不快に思われた方々には、
申し訳なく思います。m(_._)m

でも私は、「阪神の不甲斐なさ」を見るとき、
「ボロボロでいい気味だ」という気持ちではけっしてなく、
未だに「何やっとんねん!(怒)」という気持ちになってしまいます。

ただ、お客にプレーを見せることでお金をいただく「プロ野球」として、
フツーに守れる選手で試合に臨み、強い弱いに関係なく
一所懸命にプレーして欲しいだけなんですが。

それを、堂々と、ないがしろにされるのを『許す』事は、
申し訳ないけど出来ません。m(_._)m

ただ、もう阪神ファンではない立場なんだから、
「阪神については書かない」ことは可能ですね。
Posted by ばかぼん父 at 2011年05月27日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/204830910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。