2011年05月25日

6連敗、今は焦らず我慢の時(広島東洋C 4-3 千葉ロッテM)

広島カープ 4-3 千葉ロッテマリーンズ

めちゃくちゃ時間がなくて更新をサボッてましたが、
(試合も見てなかったし)
その間、千葉ロッテに「勝利」がなく6連敗(>_<)。

確かにオギタカ、サブロー、小野晋吾の離脱が
とても痛い上、(金泰均と大松は?^^;)
その他の選手も「俺が打たなきゃ」と思って力むのか、
全体に調子が下降している。

この調子の悪い時期が、他のパリーグのチームが、
勝ち星を荒稼ぎする交流戦の最中というのも、
実にツイてないね。

さらにこの試合でヒットを打ったマーフィーが走塁中、
足を痛めて離脱することになってしまった。(>_<)

でも、焦っても仕方が無いし、
できるだけ離される距離を小さくするべく耐えながら、
チャンスをもらった浦和組の選手達が「戦力化」して、
チーム力の底上げに繋がる事を期待したい。

秋の収穫へ向けての「種まきをしている時期」と
思う事にしよう。


横浜には村田のHRで2試合、広島にはロサで2試合と、
同じ相手に同じパターンでやられた。

折角自慢の俊足外野陣を揃えていても、
柵越えされてしまったら、見せ場も何もない。
「サトちゃん、そこんとこリードをよろしく」m(_._)m

日曜は栗原に3ラン、昨日は唐川の同期で千葉経済出身の、
丸に逆転2タイムリー2ベースを打たれたロサについては、
元々、抑えれば「ああ良かった」、
やられたら「そんなこともフツーにある」くらいの投手だ。

昨日の試合に関しては、伊藤君が誤算で、
6回から内を投入せざるを得なかったところからして
「まあ、しゃーないねえ」の流れ。

つーか、この程度の敗因で逆転負けてしまうのは、
現在のチーム力が、実に厳しい状態であるということ。
(得点の絶対量も少なすぎるということ)

そんな中、2番手で4イニング投げた大谷が好投し、
1軍プロ初出場、初スタメンの高濱が2安打と結果を出した。

勝ち試合なら、もっと祝賀ムードになったのにね。

はっ!細谷のプロ初HRの時と同じ感じじゃないか(^^;)。

高濱は、続く試合でも継続的に活躍して、
細谷と同じ轍を踏まないで欲しいものだ。

えーっと次は・・・・おぉ、
プロテクトしてくれなかった阪神戦じゃないか。
(わざとらしい^^;)

昨日、2画面で、ACLの大阪ダービーと、
阪神vs埼玉西武の試合を久しぶりに見ていたが、
外野守備と走塁には、逆の意味でカルチャーショック。

ある意味、私が愛する「プレーで魅せるプロ野球」への
挑戦的なチームと言ってもよかろう。

どんなに千葉ロッテのチーム状態が悪いといっても、
阪神の打線が復調気配だといっても、
あんなチームに負けるのは、「プロ野球」としても
マズイと思うぞ(私はね^^;)。


今日はおそらく、「強打者」吉見祐治が打線に加わる。
打ち負けんなよ(^^;)。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。