2011年05月16日

ビハインド時に機動力をどう使うのか(千葉ロッテM 1-5 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 1-5 東北楽天ゴールデンイーグルス

試合は、「悪い」を越えて「酷い俊介の日」vs
「初回にラズナーが故障発生」で、打ち合いになるかと
思われたが、緊急登板の小山を崩せず、
あっさりと完敗してしまった。

2回以降は「内容が無いよう」な試合となったお陰で、
千葉ロッテの選手構成上の問題点が見えたと思う。

初回に関しては、上手く行ったのだ。

ラズナーの動きが鈍いところを狙った伊志嶺のバントヒット。
「走るぞ」と、盗塁のプレッシャーをかけて、
ストレートを多く使わせて、井口が狙い撃ち。

レフトが捕り損ねた2ベースで、1塁から長駆ホームイン。

どうやら、最初のバント処理から足を痛めて、
井口に相対するうちに悪化させたらしい。
「機動力野球」の”恐るべき威力”が功を奏した。

緊急登板した小山は、明らかにウォーミングアップが
足らない状態。

金泰均が四球の後、今江が右へ、
良い当たりの打球を放ったのだが、
鉄平のファインプレーに阻まれ、福浦が三振。

一気に逆転まで出来そうな展開で出来なかったら、
その直後に俊介が大炎上で試合が終ってしまった。

いや、まだ2回なので4点差くらいなら、
終ってはいけないのだが、
その「4点ビハインド」の時、「結果」というよりも、
「攻め手」自体が弱いものとなった印象だ。


今季の千葉ロッテは、俊足選手を並べて、
「スピードでかき回す」野球で戦っている。

その「スピード」を手に入れた代わりに、
「長打力」が減少している。

さらにランナーとの連携のため状況判断を要求され、
「思い切りの良さ」からの爆発力も影を潜めつつある。
(これは金泰均を7番に降格させれば、改善できるはず^^;)

まあ「全てにおいてパーフェクト」というのは不可能なので、
「あちらを立てればこちらが立たず」となるのは当たり前のことだ。

その中で、臨機応変に知恵と工夫をこらして
やっていくからこそ、面白いのだけどね。


話を戻すと、ある程度以上のビハインド時には、
攻撃側は「ランナーをためたい」から、
リスクを冒して盗塁を企画することを自重するのがセオリー。

相手にとっても、盗塁されたところで、
さほど痛くないので、配球も打者に集中できるし、
捕手のセカンド送球にもプレッシャーがそれほどかからない。

つまり、相手の心理を「足で掻き回す」こと自体が難しくなるのだ。

そして、千葉ロッテの打線は、
「足によるプレッシャー」抜きで、
ガチンコでガンガン打てるほど強くはないし、
その戦い方での意思統一すらできてない感じだった。

たとえば3回、先頭のY岡田が前進守備のサード草野の
横を抜くヒットで出塁した。

2番伊志嶺は盗塁もしくはエンドランのサインを待ったのか、
簡単にストライクを見送ってしまって結局三振した。

ここで行けなきゃ、2ベースが期待できる井口のところでも、
どうせ打たない金泰均のところでも行けないわな。

Y岡田は真面目な性格なので、
「盗塁よりもランナーをためなきゃ」と、
セオリーに縛られたのだろう。

バランスのとれた位置よりも「機動力に特化」している
千葉ロッテのオーダーで、機動力を封印してしまえば、
ストロングポイントが消え、単なる貧弱な打線へ変わる。

では、どうすべきだったのか?

やはりここは、Y岡田は伊志嶺のところで、
できれば初球から盗塁を敢行すべきだった。

まだ3回の段階で4点差。
中盤までに1点ずつ2度取れれば、
2点差で終盤を迎えられるのだから。

セオリーというのは、「一般化されたもの」としては、
一理あるのだが、個々の事例全てに当てはまるわけではない。

千葉ロッテ打線はスピードある機動力を前面に出して、
戦うことを選択しているのだから、警戒された中ででも、
4点負けていても、まず盗塁を決めてこそ、の野球だ。

成功すればムードも変わるだろうしね。

ここでリスクをおそれて勝負できないようでは、
優勝争いの最中や、クライマックスシリーズの「この試合」
という場面で、勝負できるのか?って話。


この試合で、今季初めて福浦がファーストへ入った。

鉄壁の若い外野陣をまだしばらく使うためにサブローをDHで使う。
DHのない交流戦で福浦と金泰均をファーストで併用する。

この2つの目的が考えられる。

(今江を4番にする気がないなら)4番にサブローが
帰ってきてくれないと、打線が機能しない。

8回の一死1、2塁で、ルーキー美馬から、
金泰均が3ボールナッシングになった場面。

甘い直球で一つストライクを取られた時、
金泰均の「今のを打てば良かった」という、
あからさまに後悔したような雰囲気(^^;)。

金泰均は、真面目で実直な、
ホントに愛すべき善い人なんだろうと思う。

でもアカン、4番には向いてないから(^^;)。

さあ、火曜日から交流戦だ。
火曜日はマーフィーだとして、水曜は誰が投げるのだろう。
俊介のリベンジをかけた中2日先発登板があるか?
それとも吉見か、はたまたペンか、楽しみに待とう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!


posted by ばかぼん父 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/201337763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。