2011年05月15日

球場へ行って観る価値がある魅惑の外野守備と張り切る高口(千葉ロッテM 4-0 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 4-0 東北楽天ゴールデンイーグルス

試合前には荻野貴司が欠場というニュースに、
とんでもなく暗い気持ちになったが、
試合が始まれば、そんなことを吹き飛ばすような
収穫のある見事な快勝を見せてくれた。

試合内容だけでなく、プレーでもプロ野球の
素晴らしさを見せてくれた俊足揃いの外野陣は、
テレビ画面よりも実際球場で生で観ると、
凄さがもっともっと解るし、お金を払って観る価値がある。

と言っても私は、昨日はTV観戦だけど(^^;)、
昨年のセンター荻野貴司の守備を生で観た時、
打球に対して走って行く時から、
そのスピードに「うわーーー」
捕ったら「スゲー」と思わず声が出てしまったもの。

2−0で迎えた6回表、先頭の聖澤が打った打球は、
右中間を抜けようかという当たり。

これをセンターY岡田が全速力で追って、
トップスピードのまま右手を伸ばしてキャッチ!

勢い余って回転レシーブのように転がるY岡田。
その転がっている時、ボール捕ったグラブを
お腹の前に抱えたまま状態で、
「絶対にこぼさないぞ」という気持ちが溢れていた。

スピードや判断力といったプロの技術に加えて、
気迫も溢れるプロの凄さに心を震わされて、
涙が出そうになった。

もし、抜けていれば俊足聖澤なので3塁打だから
無死3塁に、なった場面。

いくらウルトラスーパー貧打の東北楽天といっても、
点が取れたんじゃない?

そうするとソロHR以外での得点で2−1と迫って、
貧打の呪縛から解かれたかも。
この試合もどうなったか・・・というような(^^;)、
ビッグプレーだった。

7回の高須のフライを捕った清田のは、
打球を追うコースを間違えて、ちょっとロスしてしまったが、
身体能力で間に合わせた、まあ、清田らしいフツーのプレー。

でも、柵さえ越されなければ、
「ヒットをアウトにできるかも」と思わせてくれる
千葉ロッテの外野陣は、守備の時間もワクワクさせてくれる。


もうひとつのトピックは、移籍後初スタメンの高口だ。

荻野貴司のハラハラ感、ドキドキ感に慣れていたので、
ショートの守備がフツーに安定していて新鮮。

3回表2塁に聖澤がいて、鉄平のサードゴロで
今江が捕球しファーストへ送球した時、聖澤はセカンドへ
戻ったが、高口は全速力でサードベースのカバーへ
走って行った。

この日ハムクオリティの忠実なカバープレーは、
千葉ロッテの若い選手達に是非学んで欲しいぞ。

さらに打席でもファールにはなったが、
パンチのあるところを見せてくれた。

だいたい過酷なショートでフルシーズン、
フルイニング守るのは、怪我明けの荻野貴司には
最初から無理だった話。

これまで荻野貴司はショートの守備練習も兼ねて、
フルイニング出場だったが、一年間通して活躍して
もらうために、時折休ませながら使った方が良い。

高口がいきなりファインプレーとビデオ判定ファールで、
充分、戦力になりそうな事を示せたことが、
この試合の収穫だった。


攻撃面では3度の一死フルカウントからの
ランエンドヒットのうち、1タイムリー、
2三振ゲッツーだった。

特に金泰均が、ランナーとの連携を求められる
複雑な局面では、自分の打撃もできなくなりがちだと
私は思った。

この実験結果をもって千葉ロッテベンチが、
今後どうするのかを、見守りたい。


さあ、今日の先発は私の予想に反して(^^;)
俊介vsラズナー。

ペンが昨日、下で3イニング投げたようだが、
水曜日に中3日でいくのかな?

眠れる東北楽天を起こすことなく連勝しよう!
ラズナーを打って援護を頼む。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!



posted by ばかぼん父 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。