2011年05月10日

古谷抹消で川越昇格

本日は天候ならびに予報が悪いため、中止になりました。

元々予備日アリの2連戦なので、ピンクユニの日でも、
最も天気が悪くなりそうな5/10を中止にしたのは、
妥当な判断だろう。

もし雨の中、無理に強行して、怪我人が出たら
目も当てられないからね。


9日に、3度もの先発チャンスをもらいながら、
まともな投球ができなかった光原と、
意外にも古谷を抹消した。

光原の代わりは、日曜日にファームで先発し、
まずまずだった吉見に、とりあえずは、なりそうだ。
(雨天中止になる試合が出て、交流戦までの残りで
4試合以下になれば、まだ登録する必要なし)

そして、古谷に役割を求めていた、左のワンポイントの
できそうな投手ではなく、右の川越さんが今日登録された。

これはなかなか面白いと思う。

西村監督は、スイッチヒッター出身という事もあるのか
右左にこだわるタイプだと思っていたが、
この古谷↓川越↑でブルペンの左腕は、
山本一徳ただ一人になった。

これまで、ビハインドで3イニングくらいまでを、
投げさせられていた山本一徳の評価が上がったのか、
それとも右左へのこだわりが無くなったのか。


まあハッキリ言って、ソフトバンクの川崎や本多、
日ハムの糸井、稲葉ら、レギュラーをはっている、
他球団の怖い打者達は、左投手を苦にしないので、
左手で投げるだけで、大した事のない投手を、
わざわざぶつける意味など、最初から無いのだが(^^;)。

昨年は、打順の中での役割をハッキリさせるため、
メンバーもオーダーも固定して戦うことが多かったが、
今年は次から次へと新しい試みにチャレンジする傾向にある。

飽きっぽい(^^;)私にとっては、日々新鮮で良いなあ。

川越さんなら、ロングリリーフもできるし、
言葉は悪いが敗戦処理を引き受けてもらう事で、
ビハインドな状況で、このところ好投している大谷を、
もっと良い場面であるとか、
谷間の先発とかへのステップアップへ
チャレンジさせる可能性も広がる。

若い投手に敗戦処理だけをやらせていても、
なかなか進歩には繋がらないだろうからね。


ということで、(^^;)
成瀬 vs 石井一久がそのままスライドして、
5/11に仕切り直しとなった。

成瀬、エースの投球を頼むぞ。
石井一久を打って援護しよう!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。