2011年05月05日

俊介が3発献上。西口ー銀仁朗にやり返された(埼玉西武L 5-3 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 5-3 千葉ロッテマリーンズ

4番のサブローが剥離骨折の疑い(>_<)で、この試合を欠場。
千葉ロッテの中では、4番に入っても普段通りに打てる
貴重な選手なだけに、サブローの怪我は痛い。

しかし、飽和している外野のポジションが一つ空くわけで、
新たにアピール、活躍する選手が出て来て欲しいものだ。

とりあえず、右腕の西口に対しても、左の大松ではなく
前日3安打の伊志嶺がレフトで、連続スタメン出場を果した。

4番DHにはベテラン福浦を復帰させて、
体調不良の金泰均には「どうぞ休んでてね(^^;)」と、
ファーストには左の神戸を起用し、
またまたフレッシュなオーダーを組んだ。

試合は、初回裏にレフト伊志嶺のタイムリーエラー。
バックして向き直ったら手前に落ちすぎて、
グラブの向きが逆になった感じ。

足は速くて守備範囲が広くても、捕球技術等、
まだまだプロのレベルで磨かなければイカンね。

というか伊志嶺のグラブが大きすぎて、
ボールを掴むことが難しそうに感じた。
まあ、どーでも良い事だけどね(^^;)。

エラーの瞬間、俊介の表情が「ムッ(怒)」となったが、
追加点は、その俊介一人のせいで取られてしまう。

2回裏、浅村に3ボールナッシングから、
簡単にストライクを取りに行ったらフルスイング!
打った瞬間のレフトスタンドへのHR。

一人挿んで、銀仁朗にもレフトスタンドへ運ばれ、
0−3とリードを広げられた(>_<)。

4回表に、福浦の2ベースを足がかりに、
清田の犠牲フライで1−3と迫ったが、
その裏、ホセにライナーでレフトスタンドへ打ち込まれ、
2点差へつめた直後にHRで突き放されてしまった。

5回からリリーフした古谷が、6回に代打高山に、
タイムリー2ベースを浴びて1−5とされる。

しかし「先発さえ降ろせば、いや、降りていただければ
なんとかなる」と信じて(^^;)
7回裏には伊藤君を投入し反撃を待つ。

8回からマウンドへ上がったグラマンから、
先頭の荻野貴司は、焦ったようにゴロを打ってしまったが、
井口が2ベースで出塁。

4番福浦への代打、今岡がライトとセカンドの間へ、
ポテンヒットで1、3塁。

今江はショートゴロ、ゲッツーを必死で崩して1点。
二死1塁から里崎がフルカウントから四球を選んだところで、
ナベQ監督は、我慢ができなくなったように岡本篤へスイッチ。

清田がこれまたフルカウントからレフト前に、
スライディングキャッチの前に落ちるタイムリー!
スタートを切っていた一走里崎は3塁へ。

ここで神戸に期待がかかるが、
投手以上に緊張したのか、初球を簡単に打ってしまって
セカンドゴロ。

押せ押せムードの中、逆転負けの恐怖とも戦っていた
岡本を助けてしまった。


前日結成された期待の俊足トリオだったが、
最終回に先頭の伊志嶺がヒットで出塁したものの、
岡田と荻野はゲッツーを崩すのがやっとの内野ゴロに終った。

連敗を止めようと気迫を込めた投球を見せた西口と、
前日、打席に立つ前に交代させられ、奮起した銀仁朗の
バッテリーの前に、俊足トリオは塁に出ることすら、
させてもらえなかった。

まあ、野球はそんなに簡単なもんじゃないね(^^;)。


やっぱり、本拠地のファンに勝利を見せたい、
3連敗はしたくないと、集中力の高い相手に、
スイープは難しかったと言う事で、
3カード連続勝ち越しをした流れを続けて行こう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。