2011年05月04日

伊志嶺スタメン今岡ファーストで刺激的なゲーム(埼玉西武L 2-8 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 2-8 千葉ロッテマリーンズ

今季の西村監督はオーダーをよく変える。

左腕の石井一久に対して、DHにサブロー。
外野はレフトから、ルーキー伊志嶺、センター岡田、
ライト清田の両翼に強肩、俊足揃いの布陣を敷いた。

最初から外野は守備固め状態の堅さに対し、
ファーストに、なんとビックリ今岡。

捕球まではゴールデングラブ賞級の広い守備範囲ながら、
送球に大いに難アリのショート荻野貴司にとっては、
守備に不安のある今岡というのは、厳しい条件だ。

ファーストに名手を置こうとしないのは、
実戦の中で、厳しく荻野の送球を鍛えようという、
監督の親心なのか(^^;)。

試合は初回から足を使った攻めが決まる。

一死から死球で出塁した荻野貴司が、
変化球を投げるタイミングで盗塁を敢行すると
銀仁朗の送球はハーフバウンドになってセンターへ抜けた。

一死3塁のチャンスとなって、井口が四球で歩き、
4番DHサブローがタイムリーヒットを放って先制した。

2回の先頭の里崎が四球で歩くと、清田が2ラン。
一死後、伊志嶺がヒットで出塁すると盗塁成功。
この時、捕手銀仁朗は、ワンバウンドを捕球できず。

すかさず、1番岡田がタイムリーヒットで出塁すると、
荻野貴司が3球目をヒットでつなぐ。

贅沢を言えば、Y岡田も早いタイミングで盗塁してから、
荻野貴司に打たせたかった。

いつか、伊志嶺ー岡田ー荻野貴司のトリオで、
効率のめっちゃ良い(盗塁&単打タイムリー)X3での
3点コンボが見たい(^^)。

そんな私の願いの埋め合わせをするように、
Y岡田&荻野貴司のダブルスチールが成功!
(その間、井口は三振>_<)

足でかき回された埼玉西武バッテリーは、
打者との勝負に集中できない状態に陥ったことだろう。

3回に今岡の今季初安打となるタイムリー2ベースも飛び出し、
6−0と大量リードに成功した。

いいようにやられたナベQ監督は、3回裏、
銀仁朗の最初の打席に岳野を早々と代打に送った。

岡田、荻野、伊志嶺の俊足トリオの足攻で、
相手バッテリーをつぶすことに成功したということだね。


千葉ロッテの先発は、勝ってくれなきゃ困る唐川。
先頭の片岡のショートゴロの送球がワンバウンドとなって、
今岡が捕球できずにエラーで出塁させるものの、
中途半端な?盗塁を里崎が刺して、リズムに乗った。

この日は、高めに行く球が多かったが、大量得点に守られて、
7回2失点で3勝目を挙げた。

まあ、久しぶりに楽に見られた試合だったが、
出ている選手達には、厳しかったかも知れない。

今岡は、ファーストの守備につき、打席を与えられたが、
もし結果がでなかったら、引退と背中合わせになるかもの
「浦和行き」だったかも知れなかった。

下では細谷も打っているし、上で見たい浦和の野手が、
いないわけではないからね。

「4番打者」として、外し難いサブロー以外の外野は、
センターのY岡田だけが当確。

貴重な左打者の大松をベンチに追いやり、
このところ、ライトに清田を固定して使っているが、
新たなライバルとして、伊志嶺をスタメンで試した。

この試合で、清田はHRを含む3打点、
伊志嶺は3安打、1盗塁と、どちらも活躍した。

死球を右手薬指に受けた4番サブローが心配だが、
そのお陰で、久しぶりに打席に立った大松は三振(>_<)。

大松の外野手の優先順位としての評価が、
また下がっちゃったかもね。

このようなチーム内の競争が、大味な試合を、
ピリピリとした刺激的なものに変えたと思う。


さあ、埼玉西武の調子が上がらないうちに、
遠慮なくスイープしておこう!

西口を打ち込め!
俊介、頑張ってくれ!

マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。