2011年05月03日

対埼玉西武戦略・「先発さえ降ろせば」の試合(埼玉西武L 5-10 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 5-10 千葉ロッテマリーンズ

井口さ〜ん黒ハートの逆転満塁ホームランとだめ押し3ランの
7打点の大活躍で、まさかの(^^;)大逆転勝利だった。


涌井よりも成瀬の方が良い出来だったと思ったが、
最初のピンチとなった3回裏、千葉ロッテにミスが重なる。

一死1塁に銀仁朗をおいて、打者高山がフルカウント。
ランエンドヒットがかかって空振り三振。
成瀬が里崎の送球を避けるのが遅れたせいか、
成瀬に当たりそうになった送球が3塁側に逸れたうえ、
ワンバウンドに。

荻野が捕ってタッチに行くが、滑り込んで来た圧力に負け、
こぼしてしまい、二死2塁となった。

復調してきた片岡にライト前ヒットで繋がれ、1、3塁。
栗山の当たりは完全に打ち取ったセンターへのフライ。

ところが深く守っていた岡田と、バックする荻野が、
どっちもダッシュで捕りに行ったため(荻野の追い過ぎ)、
最後は激突を避ける形となってポテン2ベース(>_<)。

一走の片岡までホームインし2点の先制を許した。

連続完封で来ていた成瀬本人は、
三連続完封を意識しないと言っていても、
意識しないわけがないだろう。

そもそもエース同士のマッチアップでは、
誰でも相手を0に抑えたいに決まっているしね。

この回は、三振ゲッツーでチェンジ、
センターフライでもチェンジになっていてもおかしくなく、
無失点だったはずのイニング。

それなのに2失点した事実に、心の整理がつかない隙を、
ナカジにドカンと打たれて、手痛い追い討ちの
レフトスタンドへの2ランHR(>_<)。


しかし0−4とリードされたとはいえ、涌井は良くなかった。

得点できてないとはいえ、チャンスは作って
球数を投げさせていたので、点差をつめて降板させられれば
チャンスが来るかも、という展開。

5回に二死ランナーなしから、今季涌井に対して、
6打数5安打の荻野貴司を嫌がったように四球で出塁。

荻野がこの日、2つ目の盗塁を決めて、井口が四球。
この試合、4番サブローにとって、3度目となる
二死得点圏のチャンスで、ついにタイムリー!
1−4と迫った。

5回裏に片岡にソロを浴びて1−5で迎えた6回表。

先頭の福浦が四球で出塁する。
ここで金泰均が、インコースへの緩い変化球を2度も、
「死球をもらえ」という私の願いも虚しく避けた挙げ句、
打たされた併殺打。(>_<)

二死ランナーなしとなってから、里崎がヒット。
清田のボテボテのサードゴロが内野安打となる。

1番へ戻ってY岡田の当たりがどん詰まりのファーストゴロ。
足の速いY岡田のプレッシャーで、慌てた浅村のトスは、
カバーに入った涌井の背中の方へ逸れた〜!

1点とって、なおも二死2、3塁となった。

涌井との相性が抜群に良い荻野貴司を迎えて、
ナベQ監督が涌井から藤田太陽にスイッチした。

「先発さえ降ろせば」と考えている展開へ向かって
ナベQ監督の「涌井vs荻野貴司への恐怖心」が、
埼玉西武の勝ちゲームを手放す痛恨の一手となった。

代った藤田はストライクをとるにも苦労する状態。
ボールスリーからフルカウントにするものの、
結局、交代の意味を全くなさない四球を出す。

満塁となって井口が、2ボールからのストライクを取りにきた、
甘い外角のストレートを狙い撃ち!

レフトスタンドへの一気に逆転のグランドスラムだ!!!

ベンチの涌井の表情は怒りが溢れていた。

7回に登板した平野から里崎がソロ、井口が3ランで、
10−5と、一気に試合を決めた。


千葉ロッテのミス絡みとはいえ、成瀬が被弾し、
やられた時は、やっと本拠地で試合のできる、
不振の埼玉西武に「塩を送る」試合になったと思った。

成瀬が被本塁打王の面目躍如の(>_<)「やさしさ」を
見せてしまったのだが、埼玉西武から、
あまりある「返礼」をいただいた感じだった。


相手が苦しい状況のうちに、遠慮なく勝ち星を重ねて置こう。

唐川、しっかり投げろよ。
石井一久を打ち込め!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。