2011年05月01日

ものすごい拙攻のオンパレード、でも零封すれば勝てる(千葉ロッテM 1-0 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 1-0 福岡ソフトバンクホークス

強風に煽られ、嫌そうな表情で投げる杉内に対し、
マリーンズは毎回ヒットの11安打を浴びせながら、
「これでもか」というほど様々な「拙攻の形」を見せてくれた。

まず初回、無死1、2塁から内野ゴロ併殺、
3回は無死2塁からバント3塁タッチアウト後、牽制死の
一人で2アウトプレー。

4回は満塁残塁、5回は相手のファインプレーで2者残塁。
6回は一死3塁からレフトへのライナーで三走が飛び出し、
タッチアップに戻ってから本塁へ突っ込み、
クロスプレーにもならずにアウト。

7回にやっと先取点を取った後、一死2塁から2者残塁。
8回は一死1、3塁から連続三振。

まあ、杉内が良く粘ったというか、
マリーンズが良く持たせたというか、
ホント、もう点が取れないのではないかと思うほどの
ヘタクソな攻撃だった。

「弱かった頃のピンクユニのせい?(^^;)」

QVCマリンフィールドへ集まった満員のファンも、
セレモニーを控えていた堀さんも、
さぞ、ヤキモキしたことだろう。

でも私は、チャンスが続きながらも
”敢えて”得点しない攻撃(^^;)が、
マーフィーの「年一?」と思える程の好投を
引き出したのかも知れないと思う。

完封を意識した途端に崩れかけた事を見ても、
まだ今季、勝っていないマーフィーが、
「勝ち」を意識しないで9回途中まで行けたのは、
試合の中盤でリードする展開にならなかったお陰かも知れない。

人間がやることなので、どうしても感情という要素が、
スポーツには入ってくるから、複雑で面白いのだ。

見かけの拙さも、実は別の面では役に立っていたかもと、
考えれば、心が安らかになるというものだ(^^;)。

でも、これだけは、学習して欲しい。
「バントが得点に繋がると思うなよ」ということを。

プロの中でも高いレベルの投手というのは、
得点圏にランナーが進んだくらいで、
動揺してくれたりはしない。

失敗するリスクは高くなっても、相手のメンタルを揺さぶる
攻撃をして欲しいものだ。(夏から秋の勝負どころではね)

折角足の速い選手を並べているのだから、
スチールや、ランエンドヒットをもっと使って欲しい。

岡田が盗塁しようとして、牽制に引っかかったが、
あのお陰で、杉内の「手の内」の一つを、
シーズン序盤の時期に見せてもらえたのは収穫とも言える。

刺された岡田はもちろん、見ていた荻野貴司にとっても、
貴重な経験になっただろう。

そもそもバントで送ったところで、
中軸が打つわけではないので、一緒だって(^^;)。


この試合の見所は、1−0の9回表、
一死満塁でリリーフした薮田が、
代打長谷川が気圧されたような3塁ファールフライ、
川崎をオールストレートで3球三振にとった場面。

祈るような気持ちから、一気に喜びが爆発する感覚。
気迫溢れる投球を見せた薮田のガッツポーズ、
しびれたねえ(^_^)。

待っていた堀さんのためにも、とっても良い仕事だった。


さあ、良い流れが来ているぞ。
熊本でやられた攝津を風を味方に打ちこもう!

光原、とにかく頑張れ!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198634863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。