2011年04月30日

ワンチャンスで逆転、必死の継投で逃げ切り勝ち(千葉ロッテM 3-2 福岡ソフトバンクH)

千葉ロッテマリーンズ 3-2 福岡ソフトバンクホークス


平日デーゲームの実験月間が終って、
やっと巡って来た週末の主催試合は、ほぼ満員となった。
皆、待ちわびていたんだね。(^_^)

やっぱりTVであっても生放送だと、フツーに、のめり込める。
良く勝ってくれたナイスゲームだった。

1軍に帰って来た小野晋吾が、4回、先頭の内川に、
レフトスタンドへ運ばれて0−1と先制を許すと、
一死後、小久保にヒットを打たれるものの、
多村でこの日2つ目のゲッツー!

シュートでゴロを打たせる、小野晋吾の投球が、
上手くはまっていた。

が、4回を投げきったところで古谷に交代。
どうやら内転筋にハリが出てしまった様(>_<)。

怪我が治って上がって来てすぐ怪我ってなあ・・・。

4回の攻撃中から準備を始めたという古谷は、
松中を打ち損じの捕邪飛でワンアウト。
松田にヒット、細川にバントで送られ、ソフトバンク自慢の
上位打線へ廻される。

ここから左の川崎に四球、本多に当たり損ねの内野安打。

この満塁のピンチで、開き直ったかのように、
内川をインハイのストレートで、ファーストフライに
打ち取った。


千葉ロッテベンチは古谷を左打者のワンポイントリリーフに
仕立て上げたい様だが、このように左打者に強いわけではない。

どっちかと言えば、怖かろうが1イニング任せてしまう、
セットアッパーとして使うべきだと思うのだが。

というか、セットアッパータイプばかりなんだけどね(^^;)。

ピンチを凌いだ5回裏、里崎、金泰均の重量打線が連打。
8番にDHで入った今岡と、鈍足トリオでゲッツーが頭を過ったら、
今岡へバントの指示。

これを見事に決めて、ベンチへ帰ると満面の笑みでハイタッチ。
今岡は、ホントにチームで戦う「野球」が楽しそうだ。(^^)

9番の私の予想に反して1軍へ残った清田が四球で繋ぎ、
1番の岡田は初球のスライダーを打ち損じてファールフライ。

二死満塁で、前の打席で久しぶりのヒットを打った荻野が打席。
真ん中低めの直球を叩いた打球は、内川と松中の間という、
ヒットゾーンを破って走者一掃のタイムリー3ベース!

4回に今季初の盗塁失敗をしていたが、取り返して余ある
大きな逆転打を、ノビノビと良く打ってくれた。

このリードを伊藤ー内ーカルロス・ロサー薮田で、
1イニングずつ9回まで、逃げ切りに入る。

もし追いつかれたら、「負けました」で良いという、
実に潔い、爽やかですらある継投だ(^^;)。

7回の内が先頭の松田に四球を出すと、
2点負けているのに、秋山監督は細川にバントを命じて、
自信満々の上位打線へ廻す作戦。

なんたる「自信」、あ〜ムカツク(^^;)。

しかし内がスライダーを待っている左打者の裏をかくように
ストレートで押しまくって、川崎を三振!
本多をサードゴロに抑えてくれた。

9回に薮田が二死1塁から、代打ホセ・オーティズに
タイムリー2ベースを浴びて3−2と迫られるものの、
川崎を渾身のストレートで三振にとってゲームセット!

ホームでのカード初戦を、なんとか取ることができた。
この競り勝った勝利は大きいぞ。
この流れにのって、なんとかもう一つ勝って勝ち越したい。



そうそう、小野晋吾登録にともなって抹消になったのは、
私には意外だったが、清田ではなく根元だった。

考えてみれば、この後6連戦がないまま交流戦なので
先発投手を1枚外せるので内野手をまた登録可能だったね。

この試合はファースト以外を守れる内野の控えが塀内一人という、
背水の陣となったが、とりあえず内野のレギュラーに
アクシデントが起きなくて良かった。


それから、「浦和の帝王」竹原がオリックスへ金銭トレード。

大松を下げた2試合で、サブローをライトからレフトへ
廻したように、西村監督は、外野の守備力に対して、
評価が厳しいようだ。

竹原選手にとっては、DHしかチャンスがないことになる。

球団にとっては70人枠を空けるメリットと、竹原にとっては
外野手「だけ」は、層が厚い千葉ロッテで腐らせるより、
少しでもチャンスがある環境へ出してあげようということだね。

球場へ行った時、25番のナンバージャージは結構見たし、
マリンフィールドでプレーができるよう、オリックスで頑張れ!


さあ、今日は、ピンクユニの日だ。
家には、当時のピンクとグレーのVの字のメガホンや、
かみさんのピンクの帽子がある。

あの頃は、ホントに弱かったなあ(^^;)。
練習からして、当時の西武とは態度が違ったもの。

そういえば秋山監督が現役で、レフトスタンドの
振り付け付きの応援を見たのを思い出した。

しかも、堀選手の引退セレモニーもある日だ。

東北楽天のように、絶対に勝たなければならない日
(か、どうかわからんが^^;)に、勝てるか。
いや、負けようと思って試合をする日はないのだが(^^;)。


杉内を打って、援護しよう!
荻野貴司、今日こそ盗塁を決めてくれ!
果敢に行けよ!
マーフィー、頼むぞ、ホントに(^^;)。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198489544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。