2011年04月27日

エース成瀬で快勝、夜は4人のエースの競演を堪能(千葉ロッテM 6-0 オリックスB)

千葉ロッテマリーンズ 6-0 オリックスバファローズ

家に帰った時には、まだパリーグライブTVのプレイバックが
準備できてなかったので、TVの2画面でBS1の涌井vs岩隈と
パソコンをテレビに繋いだダルビッシュvs和田を並べて観ていた。

荻野貴司の盗塁王のライバルである、本多、聖澤、片岡が、
「塁にでませんように、盗塁できませんように」という、
「実に、小さな了見」の願いをしながらね(^^;)。

2画面同時に岩隈とダルビッシュがアップで映ると、
この2人は来年はメジャーなんだろうなと感慨にふけるなど、
趣のある、実に贅沢な時間を過ごした。


涌井は不運というか、東北義援ジャッジというか、
連続1塁へのヘッドスライディングの内野安打だけの2失点で
それ以外は寄せ付けない、完璧といっても良い完投負け。

岩隈も落ちる球を要所で振らせて、ピンチも自ら凌ぎきって、
5割ラインで仙台帰還を確保する見事な完封勝利を挙げた。

パリーグライブTVの方は、なぜかダルビッシュと相性の良い
小久保が、無死1、3塁からタイムリーヒットを打って、
福岡ソフトバンクが先制するものの、その1点止まり。

その裏すかさず、陽 岱鋼がソロHRをレフトスタンドへ運んで
1ー1の同点にする。

6回には3番糸井にバントで送らせて、4番小谷野が、
勝ち越しタイムリーと、実に日ハムらしい攻撃で2−1。

続く7回にもバントで一死2塁を作って、
ソフトバンクの外野に前進守備をとらせる。
ダルビッシュ相手では次の1点が致命傷だからね。

そして二死後、田中賢介がレフトオーティズの頭上を越して
思惑通りに、だめ押しタイムリー2ベースで3−1。

外野が後ろなら、内野を越すだけの単打打撃もやるし、
日ハムの攻撃は、ホントにイヤラシイ。


この試合の圧巻だったのは、8回表の無死満塁で、
ソフトバンクとしては最高の打順である本多、内川のところ。

外へ投げればチョコンとレフト前へ、
内へ投げれば思い切り引っ張られる本多に対して、
インコース膝元へカットボールを投げ空振り、
次のカットボールをファウルさせると、
最後はインコースのストライクゾーンから、
落ちながら身体へ向かっていくスライダーで、
空振り三振をとった。

あの球にバットを当てるには、自分の膝を殴る覚悟が
必要だ(^^;)。

やっぱりダルビッシュはスゲー!

内川にはバッティングをさせず、力のないセカンドゴロ。
打てる気のしないカブレラからもアッサリ三振をとって、
見事1001奪三振達成。(1000個目が本多^^;)

無死満塁というピンチで、さらにギアが上がる、
ダルの凄い投球を観られただけで、昨日は満足した。


この試合の後、プレイバックで千葉ロッテの試合も
ところどころだが一応確認(^^;)。

成瀬は当然のごとく(ホントか?^^;)良かったが、
木佐貫は力量が落ちる上、そのプレッシャーからか、
結局自滅してしまった。

この開幕投手たちと当たり続ける巡りでいくと、
木佐貫の初勝利は交流戦まで無理かもね。

一挙5点とったとはいえ、金泰均のタイムリーは、
高いバウンドでギリギリサードを越したもの。
無死満塁からのY岡田の当たりは、
ピーゴロゲッツーと紙一重。

サブローにとって2度目となる二死満塁となって、
得意の追い討ち、やっと、まともな2点タイムリーが出て、
試合を決めることができた。

私としては、金泰均が死球で交代した後の、
8回表の塀内のファースト守備を讃えたい。

荻野の三遊間深いところからのジャンピングスローは、
ベースを逸れながら、なおかつワンバウンドという、
金泰均なら絶対後逸している送球を、
足をベースから離さずキャッチ!

今江にしろ、西岡にしろ、出始めの頃は、
「福浦さん、お願い!」という送球だったわけだし、
不慣れな荻野貴司のために、ファーストには、
ワンバンドを捕るのが上手い人を置いて欲しいな。
(過保護^^;)

浮いてしまう悪送球はどうしようもないが、
ワンバウンドでも良いと思えば、
思い切って強い球が、投げられるようになるはずだし、
そのうち、送球も安定してくるだろう。


球団としては韓国向けのページも作った事だし、
金泰均を試合に出さないわけにはいかないのだろうが(^^;)。


さあ今日は、3連勝へ向けての最初の関門、
寺原vs唐川のマッチアップだ。

唐川は、もはや若手枠ではなくポイントゲッター。
絶対に勝って、第3戦へつないで欲しい。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!


posted by ばかぼん父 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。