2011年04月24日

拙攻、拙守で攝津に負けた(福岡ソフトバンクH 5-3 千葉ロッテM)

福岡ソフトバンクホークス 5-3 千葉ロッテマリーンズ

初回の先制攻撃までは良かった。

荻野貴司がヒットで出塁すると盗塁を決め、
続く井口のセンター前ヒットでホームイン。

しかし、4番福浦、5番サブローが連続三振で、
攝津の立ち上がりを攻めきるまでには至らなかった。

その裏、移籍後初登板の光原の立ち上がりで、
守備でいきなり足をひっぱってしまう。

光原の直球のすっぽ抜けを里崎が捕れずに、
二走川崎を3塁へ進めてしまい、一死3塁。

前進守備の三遊間へのゴロを荻野が上手く捕ったが、
3塁ランナーを牽制後1塁へ投げたが、
とんでもない高い球で、タイムリーエラーに
なってしまった。

雨上がりに土をいれたユルい足場と、
「金が捕球できないワンバウンドを投げられない」
という、プレッシャーが災いしたのかな(>_<)。

シーズンが始まる前から怖かった荻野の送球だが、
初めて出た痛いエラーとなったね。

エラーで活かして2塁まで進めてしまった内川を、
小久保のタイムリー2ベースで還され、
すかさず逆転されてしまった。

しかし光原は、この後4回までは、低めに集めて、
1−2のまま踏ん張ってくれたし、
高めに浮き始めた5回に3連打を浴びて1−3にされたが、
後続は、断った。
大嶺よりは、随分と先発投手らしいピッチングだった。

6回表、一死3塁から、荻野がタイムリーポテンヒット!
ミスが出てもヘコまずプレーできている。

「さあ、ここで盗塁をして、一気に同点だ」と、
ワクワクする間もなく、井口が初球をセカンドゴロ併殺打。

「何をしてくれんねん?井口さん」(>_<)
ここまでタイムリーを含む2安打だったのに、
一気にアホ呼ばわり(^^;)になる可哀想な井口。

7回表には一死からサブロー、大松の連打で1、2塁。
ここで金泰均が、振りにいって止めたバットに当たった、
中途半端なピーゴロ併殺。

要所でゴロを打たされ、3併殺も食らっているのだから、
攝津の投球が、千葉ロッテ打線を手玉にとったと、
いうことだろう。

その裏、左打者には弱い印象なのだが、
左打者専用に使われている古谷がイニングまたぎ。

川崎のピッチャーゴロを悪送球し、無死3塁から、
本多がタイムリー。

伊藤君に代わって内川のライト右前へのフライを、
サブローが全く追いつけずにヒット。
無死1、3塁にして、カブレラのゲッツーの間にもう1点。

ソフトバンクには千葉ロッテのミスをことごとく得点に、
結びつけられてしまった。

得点差は開かなかったのだが、内容的には完敗で、
今季もソフトバンク戦はやっぱり苦戦しそうだと、
思わされた連敗だった。

なんといっても1番打者がもうちょっと出塁してくれないと、
この打線の魅力は発揮できない。

岡田にしろ、清田にしろ、とにかく頑張ってくれ!

千葉へ戻って、やり直そう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。