2011年04月21日

ベテランズクリーンナップが機能、おかわりキラー唐川が完封(千葉ロッテM 3-0 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 3-0 埼玉西武ライオンズ

左腕帆足に対して左打者の4番福浦、6番大松をそのまま、
清田の出番も確保したい事情で、岡田はベンチにしたが、
昨年学習したことを活かして、判断が早い(昨年比)。

今季の最初にいろいろ行ったのは、どうやら
自分の考えが正しいかどうかを確かめるための
「確認テスト」だったようだね。

そうそう、バントとエンドランで空振りの今江を9番に下げ、
少なくとも監督は、現時点では「中軸打者」とは考えておらず、
つなぎの意識をしっかりさせようという意図を見せた。
素早い、わかりやすい対応で、とても良いと思う。

その今江は朝からアーリーワークをしたそうだ。
試合でもマルチヒットと、結果を出してくれた。

かわりに5番に上がったサブローが今季初の3安打と活躍。
井口、福浦、サブローと4番経験者を並べた、
ベテランクリーンナップトリオが、
初回、二死ランナーなしから、3連打で2点を先制と、
さっそく機能した。

投げる方では唐川が素晴らしかった。

まず初回、片岡を牽制でさした事。
クイックが苦手でランナーを出すと、
ピッチングが乱れる傾向のあった唐川が、
どんな時も盗塁を狙ってくる嫌な片岡を、
上手く釣り出して逆をとった。

「快足4おぎの」の盗塁王のライバルに、
盗塁をさせなかったことも良かった(^_^)。

次に4番、おかわり君に関しては、
不思議な程、全くタイミングが合ってなかった。

4番打者が安全パイに変われば、
千葉ロッテ打線の4番に金泰均がいるようなものだ。
相手から見れば、こんなに楽なのかとよく解る(^^;)。

それから一番評価したいのが、ショート荻野の
ワンバウンド送球と、それを捕れないファースト金泰均の
合わせ技による守備のミスに耐え、無失点で切り抜けた事。

凄みがあるわけではないが、エースとしての資質を
もっていることを見せてくれた。

この日は、神宮で由規が完封し、神戸で中田翔も2安打3打点。
まー君、マエケン世代の1年下の高校ビッグスリーと
呼ばれた逸材達が、揃って活躍したので、
乗り遅れなくて良かったね。


さあ、今日の試合。
札幌で、ボロボロだった俊介を、中4日で
得意のQVCマリンフィールドに持って来た。
ペンの負傷が、災い転じて福となるような、
好投を期待したい。

相手先発が、ルーキーの牧田なら、サブマリン対決で、
注目されただろうが、牧田が血マメの影響で登板回避。
西口に変わったのは残念なような、ラッキーなような(^^;)。

眠れる獅子を起こさず、勝てる時にどん欲に勝っておこう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196881957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。