2011年04月20日

拙攻ニマケズ、風ニハタスケラレ成瀬完封(千葉ロッテM 2-0 埼玉西武L)

千葉ロッテマリーンズ 2-0 埼玉西武ライオンズ

開幕オーダーを見た時、西村監督は「信は力なり」で、
己が信じた選手を我慢して使い続けるのかと、
勝手に思っていた。

だが、しかし、ローテが一巡したところで、
アッサリと金泰均を8番に降格し、井口、福浦、今江の
至極真っ当なクリーンアップに変更した。

どうやら誤解していたらしいが、私にしたら、
こうするのであれば、最初から昨季の最後の形である、
この打順で始めて、金にしろ、大松にしろ、結果を出してから、
クリーンアップを奪取させれば良かったと思う。

でなければ、最初の6試合が、公式戦でありながら、
"ダメだし"をするための「お試し期間」として、
浪費したことになるからね。

とはいっても、その「お試し期間」が6試合で済んだことを、
素直に喜びたい(^^;)。

開幕投手達が揃って2度目の登板となった昨日は、
金子千尋ではないオリックスを除き、
皆エースのピッチングを見せた。

QVCマリンフィールドでも、成瀬と涌井が、
見事な投手戦を見せてくれた。

常に一発の危険はあるものの、絶品の投球で
ヒットすら、なかなか許さない成瀬と、
上手い牽制でY岡田を刺すなど、ランナーを出してから
しぶとく粘りの投球で得点を許さない涌井。

均衡を破ったのは6回裏、先頭の荻野が2ベースで出塁し、
井口がランナーの進塁も頭に入れて打った打球が、
右中間へのタイムリーヒットとなり、
「特急4おぎの」がホームイン!

続く福浦が四球で歩き、無死1、2塁。
このチャンスで今江が、一人で3つのアウトを献上する。

バントを空振りして井口が飛び出し牽制死。
打ってはショートゴロゲッツー(>_<)。

今江は8回裏にもエンドランで空振りし、
代走の根元を盗塁死させて、まさにnot his dayだった。

というか、今江という選手に、セーフティバントの
サインというのが、間違っていると思う。

セーフティバントは札幌でも2度失敗したしね。

これもオーダーと同様、「お試し中」なのかも知れないけれど、
バントなら送りバント、打たせるのなら好きに打たせて、
「器用さ」を求めるより、彼の「思い切りの良さ」という
魅力を引き出す方が良いと思う。

今江は、私的には、将来の4番打者だからね(^^;)。


先制した直後の、成瀬にとっては「魔の7回」、
先頭のおかわり君の打球はホームラン性だったが、
高く上がった打球は強風で戻されるマリンフィールドの風が、
センターフライにしてくれた。

続くホセも大きなライトフライに打ち取り、
他所の球場なら、一発くらっていたかもしれないが(^^;)、
キッチリ三者凡退に抑えてくれた。

その裏、無死満塁から二死をとられるものの(さすが涌井)
荻野が貴重なレフト前タイムリーを放って2-0とし、
好投の成瀬に、(効率はめっちゃ悪いけれども)
追加点をプレゼント。

荻野は9回のピンチでもおかわり君の低いライナーに
反応良く飛びついて、成瀬の完封をアシストした。

ヘイデン・ペンが肘の違和感で抹消という、
悪いニュースもあった中、エース成瀬が、
エース同士の投げ合いを制した見事な勝利だった。


さあ、今日の相手は左腕帆足。
さて、西村監督は、どんなオーダーを組むのだろうか?
(怖いような、楽しみなような^^;)

金は、8番に下がって気が軽くなったからこそ、
初球を打てたクリーンヒットもでたが、
打順を上げるには、まだまだ早すぎる。
上げても7番までにしていただきたいものだ。


ベイスターズの眞下(東海大望洋)、
ソフトバンクの岩嵜(市立船橋)と、
千葉県の高校からプロへ進んだ若い投手達が、
1軍のマウンドで好投し始めている(^_^)。

唐川がこの中でトップを走る存在であり続けるためにも、
勝ち星を計算できるペンがいない今だからこそ、
今日は絶対に勝っておきたい。

唐川、粘れよ!
帆足を打ち込め!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。