2011年04月18日

斉藤佑樹パリーグ歓迎テレビマッチ(北海道日本ハムF 8-4 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 8-4 千葉ロッテマリーンズ

ハンカチ人気を当て込んだテレ朝が、
地上波生放送を決め、営業的判断で、
斉藤 佑樹 vs 大嶺 祐太のマッチアップになった時点で、
斉藤を打ったとしても大嶺がそれ以上打たれて、
「斉藤佑樹は、やっぱり持ってる」となる展開を、
マリーンズファンの中でも多くの人が予想していただろう。

試合はあまりにも予想通り(^^;)、
番組的にはイニング間のCMが長すぎて、
イニング間に収まらないわ、
一旦延長を決めた放送も、斉藤が降板すると、
すぐに止めてしまうわで、
「スポーツ放送としては、いかがなものか?」
というお粗末なものだった。

しかし元々野球ファンなら、CS放送や、
インターネットのパリーグTVで見ているだろうから、
普段野球を見ない人が、ハンカチ人気で、
「どれほど視聴率に貢献したか?」の調査が、
この試合の意義だろう。


一応内容にも触れると、初回に井口の2ランで
先制したものの、大嶺がリードを守ろうと、
「力んで制球が悪くなって、ストライクを取りに行った球を打たれた。ゲームを壊して本当に申し訳ない」
という投球。

井口のファインプレーにも救われながら、
3つの四球で塁を埋めると、ホフパワーの初球、
真ん中高めの直球を打った瞬間のグランドスラム!

大嶺の場合、プロに4年早く入った経験値が
「0」に等しいことを露呈しただけの、
お恥ずかしい試合になってしまった。

一方、斉藤佑樹は球を丁寧に低めに集め、
ゴロを打たせて大崩れしない投球。
積極的に振って行く千葉ロッテ打線が、
「打たされた」打球が多かった。

捉えるチャンスが来たのは勝ち投手の権利がかかる5回表。

2アウトランナーなしから里崎がエラーで出塁。
岡田、荻野がヒットで続き満塁のチャンス。
ここでHRを打っている井口が、レフト前にタイムリー!

2点差まで迫って4番の金泰均。
しかし、絶対に投げてくることが予想できた球種、
スライダーの初球のストライクを見送ってしまう。

2球目のストライクの直球もアッサリ見送って、
いつものように「いったい何を待ってんだ!(怒)」
とテレビに向かって叫ぶ私(^^;)。

消極的な姿勢で、自ら追い込まれた挙げ句、
やや強い当たりといっても、フツーのサードゴロで、
万事休す。

いくら斉藤君のための試合だからといって、
先発大嶺、4番金泰均というのは「甘やかし過ぎ」だった。


まあ、プロ野球は「興行」なので、試合数144のうち、
1試合を新規のお客様の獲得のために協力するのは、
税金みたいなものだ。

千葉ロッテにしても、大嶺という、素質があって、
2軍では無敵、でも1軍では結果がでない投手を、
同級生のルーキー相手というシチュエーションで試し、
ある評価ができたことは、今後の判断材料にできるので、
「まったく無駄」ではなかっただろう。

光原なり、小野なり、先発の機会を待っている投手は、
まだまだ、いるのだからね。


さあ、そろそろ本気を出して行こう!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196379610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

4/17のプロ野球〜広島福井、日ハム斎藤佑、オリ西がプロ初勝利!その一方でおっさん見殺しorz
Excerpt: 世間は佑ちゃんのことばかりなんですが、 当ブログでは、まずは広島の福井優也投手プロ初勝利おめでとう(^O^)/ 相手が済美高校時代に指名されて(当時は4位指名にやっていける自信がなくて)断った巨人と..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-04-18 11:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。