2011年04月17日

左打者が左投手を打って逆転勝ち(北海道日本ハムF 6-7 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 6-7 千葉ロッテマリーンズ

先発はケッペル vs 渡辺俊介。

初回、荻野の盗塁でエラーを誘って一死3塁から、
二死後、金泰均の内野安打で先制したものの、
その裏、渡辺俊介が立ち上がりでつかまってしまった。

一死から四球、糸井との間でエンドランを決められ、
1、3塁をつくられると、4番小谷野に犠牲フライを
打たれて同点にされると、糸井が盗塁して、
稲葉がタイムリー2ベース。

そして、下手投げを打った事がないであろうホフパワーが、
ライトポール直撃の2ランを放ち、
すかさず、ソツなく、あっという間に1−4と逆転された。

続く2回にも一死2塁から前進守備をしていた大松が、
田中の飛球に頭を越されてタイムリー3塁打としてしまい、
1−5と、この日も拙い試合展開になってしまった。

しかし、3回に福浦のタイムリーで2−5
4回には2ベースを打った大松を、岡田が、
糸井のダイビングの先を抜ける3塁打で3−5と、
1点ずつジリジリと追い上げ2点差にした。

その裏、一死1、2塁とされたところで、
俊介を諦め、日ハムからトレードで来た山本一徳へ交代。

四球を出して満塁にするものの、直球で押しまくる投球で、
陽を浅いレフトフライ、糸井には粘られた挙げ句に、
押し出しの四球を出してしまうが、
小谷野を高めの直球でレフトフライに打ち取って、
ピンチを脱出した。

山本一徳は5回も3者凡退におさえ、
この試合を逆転勝ちへ導いた殊勲者の一人となった。

3−6で迎えた6回表、無死1、2塁とし打者大松。
ここでケッペルから左腕、林へスイッチするが、
左打者大松が、左投手から打ったことに意味のある、
タイムリー2ベース!なおも無死2、3塁。

同点まではいけそうなチャンスだ。

ここで日本ハムバッテリーにミスがおこった。
ワンバウンドの投球を捕手大野が横へ弾き、
それを見た三走サブローが、ホームへ突っ込む。

しかし、林の見事なカバーと大野のトスの連携で、
アウトにされ、無死2、3塁が一死3塁になってしまった。

里崎が四球でつなぎ、一死1、3塁。
じつは打者岡田の時にもバッテリーミスがあった。

しかし誰も触ってない林の直球が主審西本に直撃し、
大きくそれることなく、ここではランナーは自重。

岡田三振のあと、荻野が代わった榊原から四球を選んで満塁。
井口が押し出しの四球で5−6と1点差。

代わってから連続四球の榊原は明らかに良くない状態。
ここで金泰均の強い当たりが三塁線へ!
しかし、名手小谷野が逆シングルで捕って1塁へ送球し
得意の?3者残塁で、おしくも同点ならず。

6回裏を伊藤君が抑えて7回表、
打者福浦のところで、左腕宮西へ交代。
そのまま打席へ入った福浦が、つまりながらもヒット!

続く今江は、セーフティバントのサインだったらしいが、
空振り、ファールで追い込まれた3球目。
低めに落ちる球をきれいにすくいあげると、
そのままレフとスタンドへ〜!
逆転の2ランホームランとなって、一時4点差の
ビハインドゲームを、ついにひっくり返した。

その裏、2イニング目の伊藤君がピンチを招く。
頼りになるのは山本一徳と同様、直球しかない状態。
しかし二死満塁から代打二岡を、
ど真ん中に構えて、インサイドへ抜けた直球で、
結果オーライの見逃し三振。

8回は「背負い投げ」みたいな投げ方のカルロス・ロサ
9回は薮田が、今江のファインプレーもあって
日ハム打線を抑え、貴重な勝ち星を拾えた。


この試合では「一転して」左投手が来ても、
左打者を全員そのまま打たせた。

開幕序盤の西村監督の戦い方は、
いろいろ試して確認することに主眼を置いているようだ。

結果は、岡田が林から三振したものの、宮西からはヒット。
大松が林からタイムリー2ベース、宮西にファーストゴロ。
福浦が宮西からヒットと、左投手を打った。

この「実験結果」を胸に刻んで、「左か右か」ではなく
「打てそうか、そうでないか」を重く見て、
選手起用の判断をして欲しいものだ。


けっしてスカッとするような快勝ではないし、
強そうに見えない試合しかできていないマリーンズだが、
それでも2勝3敗というのは悪くない結果だ。

今日はテレビマッチのため?不安な大嶺が登板。
斉藤より4年早くプロ入りした成果を見せるような、
ピッチングを見せて欲しい。

昨日の逆転勝ちを連勝へ繋げよう!
ハンカチを打ってプロの厳しさを教えてやろう!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。