2011年04月16日

「8番まで右打者打線」が不発(北海道日本ハムF 4-1 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 4-1 千葉ロッテマリーンズ

日ハム先発左腕、武田勝に対し、大松に代えて清田がレフト、
福浦に代えて竹原をDHに起用し、
唯一の左打者、Y岡田を9番に下げ、1番から8番まで、
ズラーっと右打者を並べた。

大松はまだしも、頼りになる、好調な福浦まで下げるなんて、
被災地である千葉の球団にしては、余裕を見せ過ぎだ。

まあ、今日の試合から先発投手を登録するにあたり、
代わって降格する選手も決めなきゃいけないし、
今岡と竹原のダブつく右のDH要員のために、
アピールする機会を与えただけのように見える。

結果としては、どちらも明白な根拠となるような、
仕事はできずにおわり、
実に、実りの少ない試合になってしまった。

千葉ロッテの先発はマーフィー。
昨年は先頭打者に四球を簡単に出すわりには、
ノラリクラリとつかみ所がない投球で、
なかなか失点に、つながらなかった。

しかし、この試合では、初回、3回と、
四球で先頭打者を出した回に2失点ずつ失い、
フツーの野球のセオリーに100%当てはまった。

「マーフィーの法則」が「2年目のジンクス」に、
負けちゃたね。

しかし、5回の自らのミスも絡んで招いた、
一死満塁のピンチで、小谷野と高いバウンドのゴロに
飛びついて捕って本塁で封殺し、
稲葉のゴロには素手の左手で打球を止めアウトにした。

この5回に1点でも、とられていたら「勝負アリ」に
なると思ったが、マーフィーの自作自演とはいえ、
無失点で凌いだことで、「この後の奇跡の逆転」も
あるかと思ったのだが・・・。


3回に竹原がエラー(記録はヒット)で出塁、
サトがヒット、岡田がバントで送った一死2、3塁で、
清田がライト定位置より後ろへフライを打ち上げた。

助走とつけて捕った陽がストライクのバックホーム。
タッチアップから本塁突入を狙った三走竹原が、
ブロックに阻まれ、本塁で憤死。

千葉ロッテの攻撃の見せ場と思っていたら、
北海道日本ハムの守備力の高さの見せ場だった。

千葉ロッテの唯一の得点は4回、無死から荻野が2ベース!
ここで、3番、4番が連続捕邪飛(怒)と、
追いつめられたが、ここで5番今江がタイムリーヒット!

荻野の足をもってしても、クロスプレーになりかかる、
中田翔のところでもレベルの高い守備力を、
かいくぐっての得点だった。


9回に武田久から今江がヒットで出塁し、打者サブロー。
次の打者、竹原のところでは福浦を代打に出せる場面。

大いに期待したけれど、ゲッツー(>_<)でゲームセット。
パリーグ本塁打王(4/16現在)の福浦を、
打席にたたせることすらできないままで敗戦となった。


良かったこともあった。
今江に当たりが出て来たし、伊藤君が好投したぞ。
・・・・・・・。


さあ、気を取り直して、今日はデーゲームで、
ケッペル vs 渡辺俊介。

俊介、流れを変えるような好投を頼む。
今日は、なんとしても先制しよう!

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。