2011年04月15日

値千金の福浦同点2ラン、トリプルタッチアップで逆転勝利(千葉ロッテM 5-2 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 5-2 東北楽天ゴールデンイーグルス

本拠地での開幕カードで3連敗だけは避けなければ
ならなかった千葉ロッテだったのだが、
試合は東北楽天ペースで始まった。

初回にバッテリーエラーであっさり先制を許すと、
4回には、張り替えたばかりの人工芝の、
「打球が死ぬ」特性を活かされ、
無死1塁から連続バント内野安打に、
今江の送球エラーが絡んで追加点を穫られた。

この攻撃のキーマンは2番の聖澤。

守備でも2回にダイビングキャッチで、
今江のヒットを阻止するなど活躍し、
初回はバントを失敗したが、それを取り返す盗塁を決める。
3回にはバント安打でチャンスを広げるなど、
千葉ロッテの昨年の荻野貴司のような役回りをされ、
千葉ロッテの「天敵」がまた増えた印象だ。

しかし千葉ロッテは、3回の失点した後の、
なおも無死2、3塁のピンチで、前進守備の今江が、
山崎武司の強いサードゴロを好捕し、
ランナー釘付けのままワンアウト。

高須の高いバウンドのサードゴロをバックホームし2アウト。
岩村をセカンドゴロに打ち取って追加点を許さなかった。

ミスで失点した後、ペンも今江もよく踏ん張ってくれた。

千葉ロッテは4回にやっと井口が初安打。
5回には二死満塁まで行ったが3者残塁におわり、
ジリジリとした重苦しい試合展開が続く。

そして6回先頭の井口のセンター右への打球が、
ダイブした「天敵」聖澤のグラブの先を、
やっと抜けていく2ベース!

一死後、大松と入れ替わって5番に(早くも^^;)上がった、
福浦が、東北楽天先発の高めの球をつまり気味ながら、
ライトスタンドへ運んだ!

この同点2ランで、重苦しかった千葉ロッテに
やっと、ノビノビ感が生まれて来た。

そして続く7回、先頭の里崎が四球で出塁すると、
千葉ロッテの俊足コンビ、Y岡田と荻野貴司が、
3回に東北楽天にやられた連続バント安打攻撃のお返しで、
無死満塁とし、この場面でこれ以上ない打者、好調な井口。

そして「今日のその時」、センター後方といっても、
前を向いて捕ったフライで、塁上の3人のランナーが、
一斉に全員タッチアップからスタート!

中継に入ったショートの松井稼頭央は、
一走、荻野貴司の動きを見て、一番近いセカンドへ送球!
しかし、間一髪(だったらしいが)セーフ!

カメラは最初、ドスドスと走る、
里崎のホームインを映していたが、今後は常に
「荻野カメラ」を用意しておいて欲しいものだ(^^;)。

というか、球場へ行って、ライブで見る価値が
「荻野貴司の走塁」にあるとも言える。

このちょっと翔んでるレベル?の「思い切りの良さ」が、
次元の違いを感じさせる荻野貴司の走塁の魅力なのだ。

ホント、今季は怪我なくシーズンを乗り切って欲しいよ。


一番ありそうなゲッツーの危険が無くなるわ、
2点差となる三走Y岡田のホームインを阻止するために、
東北楽天は前進守備を敷くしかなくなるわで、
金泰均にとっては、これ以上ないシチュエーション。

高いバウンドのショートゴロが松井稼頭央の頭を越して、
めでたく今季の初安打が2打点のおまけ付きと、
とっても美味しい結果となりました。

3点リードとなって、左投手に代わったところで、
代打に今岡がおくられ、殊勲の福浦はお役御免。

この試合で竹原、今岡、伊志嶺が今季初登場を果たした。

とくにルーキー伊志嶺は、初打席で3塁打を打ったし、
守備でも3塁線を破った打球に追いついて、
打者走者が山崎武司だったとはいえ、シングルで止めた。

おそらくセーフティースクイズのサインで、
ボール球でバットを引かれ、飛び出してアウトに
なったのはご愛嬌だが、上々のデビューを飾った。

9回は今季初登板の薮田がキッチリと締め、
めでたく今季の初勝利を、QVCマリンフィールドで
飾ることができて良かった(^_^)。


さあ、今日は左腕、武田勝が相手の先発だ。
1番に清田を使うのか、Y岡田か、はたまた伊志嶺か?
ホント、外野手だけは層が厚いねえ。

8番に下がった大松にも待望の今季初安打が出たし、
チームとしても、そろそろ調子を上げて行こう。

がんばろう!日本。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。