2011年04月10日

テレ朝のパリーグ放送への期待

テレビ朝日は4月17日の試合を、
斉藤佑樹が予定通りに登板するなら、
地上波生放送することにしたらしい。(デイリースポーツ)


パリーグの試合を地上波で放送してくれるとは、
ハンカチ王子サマサマだ。

斉藤佑樹のデビュー戦のお相手をつかまつるのは、
ラッキーなことに、千葉ロッテマリーンズだ。

開幕からのローテは、成瀬、唐川、俊介、
マーフィー 、ペン、光原の順だと思うので、
マッチアップは、土曜日のフューチャーズ戦で
7イニング投げた光原が本命だと思う。

しかし、地上波の全国放送にパリーグが進出するチャンス。

番組を盛り上げるための営業的判断で、
監督にも、うちのかみさんにも、あまり好かれていない、
同世代の大嶺抜擢の可能性も出て来た。

もし、先発6番手が、光原ではなく大嶺になれば、
光原にとっては大迷惑、大嶺にとっては、
ふってわいたような幸運な話。

西村監督なら、光原で行きそうな気がするけど、
もしかしたらと思うほど、地上波全国放送は、
魅力的なチャンスだと思う。

そして今日のスポーツ報知の記事によると、
開幕前夜の「報道ステーション」の番組中で、
パリーグ6球団の監督が生放送で、
予告先発のみならず開幕スタメンを発表するらしい。

良いじゃん!
6球団の監督はシーズンへの抱負を語ると同時に、被災者へ向けた熱いメッセージも発信する予定だ。パ・リーグが一枚岩となり、野球の底力を見せる。
良いじゃん!

開幕前夜の企画として、とても新しく興味深いと思うし、
パ・リーグが地上波で取り上げられる機会を逃さず、
広くアピールして行きたいものだ。

そして両方の放送とも、視聴率的にテレ朝に
「良い成功体験」として植え付けられれば、
パリーグの地上波全国放送進出という、
夢のような事への第一歩になれば良いなあ。


がんばろう日本!がんばろうパリーグ!
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195117688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。