2011年03月30日

真剣にやるからこそ感動のチャリティマッチ(日本代表 2-1 Jリーグ選抜)

今の日本サッカー界ができる中では最高に豪華な、
素晴らしいイベントだったと思う。

アジア大会を制した若いメンバー中心の日本代表と、
南アフリカW杯ベスト16メンバーのうちのベテランと
実力や実績では、若い代表より上だと思われるような、
Jリーグ選抜のメンバーと日本最高の審判団。

この試合は、震災復興支援のチャリティマッチなのだが、
その内容は、長友が前日コメントで
「僕らに日本代表を任せていいと思える代表チームを作らなければいけない」
と語ったように、「若さ故の未熟さ」もある「代表」が、
本人達は代表を諦めてない円熟の先輩達の「選抜」との
「認めさせるため」のゲームだった。

結果は長友の試合後のコメントである
「カズ(三浦)さんも終わった後に『もうお前らに任せられるから、思い切りやって日本代表を盛り上げてくれ』って言われたんで、最後はすごくうれしかった」
が物語るとおり、ザッケローニが選んだ若いメンバーが
体格や技術では劣っているかもしれないが、代表に
選ばれた理由が、見ている観客にもわかるような試合となった。

日本人の特徴である、献身的なハードワークと、
規律を守る事に加えて、世界と戦い他国を上回るためには
俊敏性とスピードで勝つしかないのだ。

セリエAレベルの長友が、旧日本代表ディフェンダーを
切り裂くのは、当然やってくれなきゃ困るんだけど、
レベルの違いを見せつけた。

といっても、シーズン中でコンディションの良い海外組に対し
震災もあり碌々練習もできてないJリーグ勢は、
大きなハンデがあったのだけどね。
そんな中、よく頑張って懸命にプレーした
「選抜」にも敬意を表したい。


日本代表が前半に試した3-4-3のシステムは、
日本代表の中にあっては最強のストロングポイントである
長友のオーバーラップを最大限に活かせそう。

岡崎の縦への抜け出しは鋭さを増したし、
そこへ合うパスを出せる本田からの
コンビネーションもさすがは代表だった。

ホントに必死で食らいつこうとしていた選抜を、
スピードで切り裂いた代表のサッカーは、
日本サッカーの未来に向けて明るいものを見せてくれた。
この明るさが日本全体へ広がれば良いね。


後半にメンバーが大きく変わってからは、
「代表」に精彩がなくなるのと同時に、
「選抜」の得点への執念が実を結ぶ。

闘莉王が完全に競り勝ったヘッドで流すと、
ヘディングする前から「そこ」を目指して
走り込んでいたカズがキーパーと1対1になったと
思った瞬間に、キーパーの左肩上を正確に抜く、
ゴーーール!

FWとしての(^^;)闘莉王の高さの有効性と、
驚異の44歳、キング・カズの走り出す判断の早さと、
レベルの高い決定力を見せてもらえた。

予告通りのカズダンス。
ステップしながら位置がずれるのは疲れか(^^;)。
普段Jリーグを見てない私にはとても懐かしい、
「カズカズカズカズゴール、カズゴール、カズゴーオール」
の応援歌をバックに、この44歳が見せた
パフォーマンスの凄さに驚かされた。


企画としても、試合としても、日本のスポーツ界
(少なくともサッカー界)が
とてもとても素晴らしいイベントを行うことができた事が、
とても嬉しく、誇らしく思えた。

posted by ばかぼん父 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/29 東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!:SAMURAI BLUE(日本代表)2-1 Jリーグ TEAM AS ONE+α
Excerpt: 本題に入る前に、昨晩主にTwitterで流れていたジェッキー・チェン死亡?のニュース ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。えっ!?マジっすか? RT @kazz_kazz_kazz:..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-03-31 05:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。