2011年03月24日

セ・リーグがパ・リーグプランを丸呑み

プロ野球セ・リーグは24日、東京都内で臨時理事会を開き、公式戦の開幕をパ・リーグと同じ4月12日に延期し、東京電力、東北電力管内での4月中のナイターを自粛することを決めた。
 延長戦もパ・リーグ同様、3時間30分を超えて、新たなイニングに入らないとし、デーゲームでも電力を大量に消費する東京ドームでは4月中は試合を行わないことになった。

ほう、選手会にとっては満願回答を引き出したのではないか。
頑張りが報われて良かったね。

これを引き出したのは、以下の清武さんのセリフにあるように
「選手会は日程が12月にずれ込んでも協力すると約束してくれた。これは今までなかったこと。その覚悟があるなら応えよう」
12月になっても協力する姿勢を選手会がアピールしたこと。

「その『覚悟』に応えよう」という言葉に、
「怖〜」と思っても、もう遅い(^^;)。

開幕日の意味は無理矢理言えば「大地震から1ヶ月後」
だけど、実際、便宜上でしかないし、
納得してもらえる中で一番早く来る日が
4/12だったということ。

ナイターの自粛の受け入れは、当たり前の帰結。

9回打ち切りから、3時間半を基準とするパリーグ案の
受け入れも、まず問題ない話。

一番の問題であると考えられた東京ドームの使用を、
政府の意向に応え、「全て中止」という判断をした。
これには”かつての盟主”の「意地」を感じた。

天候の影響を受けにくいドームだからこそ、
延期しても計算通りに消化できる公算がたつので、
中止にできるのだが、子供みたいに、つっぱってないで、
埼玉西武が日ハムと開催地の予定を入れ替えたように、
読売も可能な限り交渉して、日程消化をして欲しいものだ。


滝鼻オーナーの「脅し」の対象となった交流戦は、
日程がスカスカであり、しかも電力消費のピークの前なので、
言葉は悪いが「狙われて当然」だと思う。

というか、真夏に「関東では野球ができない」ことを
今から想定しておくべきであり、そのために
この期間を有効活用することは、
パリーグにとっても必要な事だろう。

交流戦を、決められた期間内に絶対に終わらせることを
優先条件にすることなく、空いている日に
レギュラーシーズンの試合をどんどん組むべきだと思う。

運悪く、雨で流れるなど、消化できなかった試合は、
レギュラーシーズン中の予備日を使って後日行うなどの
融通を利かせても良い。

これにはスポンサーの理解が必要だろうが、
まさか文句は言うまい。


とりあえず26日の12球団オーナー会議へ向けて
最低限の準備が整った。


オーナー会議では、真夏の球場の割り振りや、
日本シリーズの日程の変更など、
今シーズンが、つつがなく終れるように、
前向きな話し合いがもたれる事を期待したい。

posted by ばかぼん父 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4/12にセ・パ同時開幕へ+3/24の選抜高校野球
Excerpt: 諸般の事情を総合的に勘案すれば、現時点ではこれがベストな落とし所だと思います。 セ・リーグが開幕延期、パと同日4・12に…巨人は4月の東京ドーム開催中止(スポーツ報知)  プロ野球セ・リーグは24日、..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-03-25 06:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。