2011年03月23日

プロ野球選手会が言うべき事は?「追記あり」

昨日のNPBによる「省庁巡りの旅」が、
不調に終わったことをうけた関係者のコメント。

 「それ(29日開幕)は動いていないのではないか。開幕は政府が決めることですか? 節電してくれというのは政府が言うことだろうが、開幕を何日にしろというのはお上が決めることか。日程はわれわれが決めること」
滝鼻オーナーのこのコメントは、サンスポは面白がったような記事にしているが、別に間違ってないと思う。だが、
「パが先行していろいろなことを決めているようですが、そうはいかないと思います。交流戦の日程もどうなるかわからない。交流戦はもういらない、と(パが)言うならば、それはそれなりの考え方があるだろう」
なんて言っちゃうから、直ぐに馬脚が表れる。

そんなくだらない「脅し」をしている場合ではないことが、
未だに解ってないところが、今回の問題を引き起こした
最大の原因なんだけどね(^^;)。

広島・鈴木清明球団本部長「具体的なことを聞いていないのでコメントできない。(パは)何の根拠で4月12日なのか、聞いてみないとわからない」
疑問に思ったら、すぐに自分で調べたり、聞けば良いだろう。
ようするに、パリーグのことなど、微塵も考えてなかった証拠だ。

なぜ12日なのか?
実際に壊れて修復の間に合わない球場もあるし、
被災地の心情を思いやれば、まだ前を向ける時期ではない。
だから、とりあえず「遅らせる」ことを選択した。
(本音は早くやりたいと思っている球団があっても)

ネックは日本シリーズの日程にある。
(セリーグは通常に開幕することを当初は決定)
ここに間に合わせるために、無理矢理試合を突っ込んでも
こなせる(と思われる)ギリギリのスタートラインが
12日となっただけ。

別に日本シリーズが12月開催になっても良いなら、
もっと遅らせることも可能だろう。


そこで問題のひとつになるのが、
選手の契約にある拘束時間じゃないのか?

選手会がただ「開幕を遅らせろ」だけでなく、
今季に限り「その条件として、12月までサービス残業で
働いても良い」と申し出れば、
日程をうしろへ広げるための障害が一つ減り、
144試合の選手権試合やCSを含めて、
「プロ野球興行」を全てこなせる可能性が広がるはず。

蓮舫大臣に、賛同してもらって舞い上って(^^;)、
「あとは祈る気持ちで英断を待ちたい。必ず変わると信じている。これで変われなかったらこの先、プロ野球はどうなっていくのだろうと感じている」
と、自分達のやる事は全て終わったかのように、
雇い主たちへプレッシャーをかける前に、選手会として、
自分たちの痛みも伴う案を提示することで、
球界全体に協力する姿勢のあることを見せて欲しいと思う。

追記:選手会は「144試合とクライマックスシリーズ、日本シリーズを12月の終わりになってもやりきる」意思を確認したそうだ。

もし、もう既に表明していたのなら、
私が単に知らなかったということ。
新井選手会長はじめプロ野球選手会への、
失礼をお詫び申し上げます。

セがどんな結論を出すのか楽しみに待つとしよう。


さあ、今日から春のセンバツ高校野球が開幕だ。
29日には日本代表vsJリーグ選抜のチャリティマッチもある。
海外で活躍する日本人選手達もいる。

日本をスポーツで元気づけるのは、
「プロ野球」のみに非ず。

「興行をやらせていただく」ためには?という立場で、
考えた方が良いよ>「セリーグ」

posted by ばかぼん父 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192049589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。