2011年03月19日

千葉ロッテは平日デーデームで開幕へ

ロッテの石川晃運営本部長は19日、東日本大震災の影響を踏まえ文部科学省がナイター開催の自粛を求めたことを受け「ナイターはしばらくやらない」と述べ、本拠地QVCマリンフィールドで行われる試合を当面はデーゲームで行う意向を示した。パ・リーグは開幕を4月12日に延期したが、同球場では楽天との開幕戦カードがナイターで予定されていた。
 石川本部長によると、同球場でナイター1試合を開催する場合、1万6000キロワットの電力が必要となるが、デーゲームだと1万1000キロワットとなり、5000キロワットの節電となる。

千葉ロッテには「常識」があったようだ。
ファンとして「俺たちの誇り」と思えることにホッとした。

21日にあるパリーグの臨時オーナー会議まで、
本来は正式発表はできないかもしれないが、
たとえフライング気味でも、方向性というか、
旗幟をハッキリと示した事を評価したい。


[追記] 埼玉西武もドームでナイターをやらないことを
発表した。

もう、パリーグが日本プロ野球を主導するべきだ。

セリーグの「バカ丸だし」の巻き添えで、
関東での開催自体がピンチに追い込まれた「プロ野球」だが、
「ナイターはしばらくやらない」という態度に免じて、
世間の皆様も、関東でのプロ野球を許して欲しいと思う。

まさか言わなくても解っていると思っていたら、
怒られるまでは「やりたい放題」でよい、みたいな
あまりの「バカさ加減」をさらす事になったNPBは、
国から公式に叱られるハメになった。

さあ非常識なセリーグは、どう対応するのだろうか?

コミッショナーの声明によれば、「苦しいときこそ、
必死でプレーする姿勢をお見せすることが使命、
責務だと確信しました
」そうだから、
読売も、東京ドームが使えないくらいでガタガタ言わずに、
沖縄セルラーなど協力的な球場を使うとか、
千葉ロッテや埼玉西武の遠征中に球場を借りるとかして、
日程を組み直して「プレーで被災地を元気づけて」
くれることだろう。

まさか、「東京ドーム」で、できなくなったら、
「野球ができません」なんて言うんじゃないよ。



posted by ばかぼん父 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。