2011年03月18日

私は、平日に屋外でデーゲームを行うようなプロ野球を応援する

セリーグが25日に予定通りにナイターで
以下の条件のもと、開幕することを発表した。
25日開幕条件として(1)観客と選手の安全確保を最優先する。(2)セ、パ全試合を被災地への支援試合とする。(3)原発、電力など政府、監督官庁からの指示に従う、の3点を提示。

加藤コミッショナーは、こう言い切った。「世論の賛否両論は十分、理解している。私も多くの方から意見を頂いた。復興のメドがつくまでじっと待てばいいのか。国難の時こそ真剣勝負を見せるのが責務。野球を通して日本に、世界に元気を与えるのが(球界の)使命だ」。
そうだ。

批判的な記事も多いし、もう無視しようと思っていたのだが、
私は、もっともらしい小手先のゴマカシで、
大衆をだまそうとする輩が、生理的にダメ。

精神衛生上、無視するよりも非難することにした (^^;)。

加藤コミッショナーは、
「復興のメドがつくまでじっと待てばいいのか。」
とおっしゃるが、ここで問題点をずらして、
都合の悪いところから目を逸らさせるように
「じっと待つ」vs「開催する」の形にすりかえている。

これが大いに気に入らない。

いったい誰が「じっと待て」なんて、言っているのだ?


現在、関東では大規模停電を防ぐために、
輪番で停電を実施する計画停電を行っている。

通電しているときでも、廊下や部屋の照明を半分以下にし、
小さなことから、こまめに節電しているのは、
不測の大規模停電を起こさないためだ。

国難に際し、国の中枢や、報道機関が集中する東京は
計画停電の輪番から外してあるからといって、
「無神経に電気を使って良い」というものではない事は、
子供にでもわかること。


別に「プロ野球を開催するな」とは言っていない。
幸い、中部電力圏内以西と北海道では電力の心配がない。

例えば、関東にフランチャイズがある球団が、
電力のある地域で主催できるようにするとか、
百万歩譲っても、東京ドームで試合をするときには、
神宮と横浜では同時にナイターを行わないようにとか、
球場の手配やスケジュールを組みなおすために、
時間が必要だろうと言いたいだけだ。
その間「じっと待っている」ヒマなどないはず。

最低限「一所懸命に頭を使った形跡」の見える、
説得力のある開催案を提示するべきだろう。


が、実際は「原案通り」のままの強行で、
いったい「何様のつもり?」って感じ。


停電で信号機の消えた交差点で事故が起きている。
私自身も実際目撃したし、先日死亡事故もあった。
病院では、ある程度の電力が、患者の生命維持に必要なのだ。
(自家発電を備えている病院もあるが、
その燃料である重油が、もつ時間もそんなには長くない)

それでも、明らかに足らない東京電力の電気を使って
「経済活動」とやらをやりますか?

政府、監督官庁からの指示に従うと言っても、
もしドームの中でナイターを行っているときに、
警告されたからと言って、いきなり電源を落とせるの?

もし不測の大停電になったら真っ暗な中で、
観客の安全が図れるの?

球場に足を運んだはいいが、
事情が変わって「鉄道が止まりました」となる事もある。
球団側は野球を中止にすればよいだけかもしれないが、
お客の安全はどうするの?

何が起きても東京電力のせいにすれば済むとでも
思っているのだろうか。

「不測の」は、「予測できない」から「不測」なのだ。

「安全確保が最優先」といいながら、
不測の大規模停電の危険を自ら高めるナイターを行い、
多くの客を狭い範囲へ集めることを、
矛盾なく説明して欲しいものだ。

繰り返すが、「野球を止めろ」とは言ってない。

とにかく当面は、もし関東でプロ野球をやるのなら、
電力消費を抑えるため、平日でも屋外デーゲームで
開催する方針が良いと思う。
(夏までには電力事情が改善することを願っている)

確かに、集客力は落ちるだろうが、先に書いたように、
ナイターであっても、電力消費が高まる時間帯は、
それなりに帰宅難民になる危険が伴うため、
客足は鈍ると予想されるので、その差は小さいのでは?

また、お客の安全確保についても、
昼間から始めれば、また、せめて薄暮から始めれば、
試合終了後に、様々なことに対処する時間が多く残る。

営業的には確かに厳しいだろう。
が、勇気をもって、そういった姿勢をみせてくれるような
「プロ野球」を私は応援したいと思う。

プレーをするチームだけでなく、
ファンが球団経営自体も応援したいと思わせる
「プロ野球」であって欲しいものだ。

posted by ばかぼん父 at 12:01| Comment(2) | TrackBack(1) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃるとおりだと思います。今回の震災で、改めて「人間性」を見ました。奇麗事を並べて自分のことしか考えていない人間が、どんなに多いことか。特に、ちょっとばかり地位のある人。マスコミや企業のTOPになんとそういう人の多いことか。海外では、日本を褒め称えているそうですが、実際にはそんなことはないです。必死に生きようとしている被災者の方、一所懸命救助に当たっている方、それを何とかうまく動かそうとしている方、本当に大変な努力をされていると思います。にもかかわらず、自分のことのみ考えて、他に目を向けることのできない輩。嘆かわしいばかりです。私も、野球をすることに反対ではありません。それによって、元気が出る人もいるのですから。ただ、どのようにすれば、みんなが楽しめるのかを、全体を見て判断を下して欲しいと思います。
Posted by ぽち at 2011年03月18日 15:57
to ぽちさま

コメントありがとうございます。

かなり怒りをもって書いたので、同意していただき、ホッとしています。

東京ヤクルトの宮本選手は「思い上がり」と表現しましたが、彼らは「この程度の説明で国民はごまかせる」と思い込めるところからして、「他人をバカにしている」と思います。

方便や表面上の美辞麗句ではなく、人の心に伝わるのは「誠意」であることを解って欲しいものです。
Posted by ばかぼん父 at 2011年03月18日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191235263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

結局、セは予定通り3/25開幕、パは4/12に延期かよ(怒)
Excerpt: 昨日のエントリーで取り上げたプロ野球のセ・パ分離開幕の件。 選手会の要望は受け入れられず、セは予定通り25日開幕を発表、一方、パは4月12日に延期。 パは楽天が本拠地としている仙台(宮城県)が甚大な..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-03-18 14:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。