2011年03月04日

競争激化でオープン戦今季初勝利

オープン戦3戦目にして、主戦投手達が登場した。

今季はエース成瀬、サブマリン俊介、唐川の3人が柱だろう。
そのうち唐川と俊介、それに続くであろうマーフィーが
揃って登板し、俊介はファーストに入った神戸の
エラー絡みで失点したものの、
皆まずまずの投球を見せてくれたようで一安心だ。

小野が骨折療養中なので、この3本に続く先発ローテは、
マーフィー?ペン?その他の中から誰かになるのかな?

切磋琢磨して、是非とも高いレベルで競争してもらいたい。

野手の方は、既に競争が激化している。
高濱獲得が決まって1軍脱落候補の筆頭、根元が
HRを含む3打数2安打1四球と結果を出した。

荻野貴司も2安打、2打点、1盗塁と
守備以外では大いにアピール。

いいね、いいね。
高濱、細谷を加えて、お互い集中力を高めた
良い競争をして、1軍ベンチを勝ち取ってもらいたい。

競争は明らかにポジションの空いた内野だけではない。

クリーンアップ級の大松、サブローを外さないとすれば、
センターのポジション1つを、昨年ブレークした
清田と岡田、伊志嶺の3人で争うことになる。

守備固め、代走、代打のどれでもできるベンチ要員に
なるのか、レギュラーとしてセンターを守るのか、
ハイレベルの争いだ。

昨年のキャンプで金森打法を身につけた荻野や、
荻野の負傷後、1軍に帯同するようになって、
シーズン中の練習のすえ身につけた、
清田と岡田がシーズン終盤で打撃開眼。
2人ともシーズン中に明らかに打撃が向上した。

日本シリーズでの2人の活躍は、
記憶に新しいところだ。

伊志嶺は金森塾への入塾が遅れた分、ハンデがあるが、
素質と若さで(近い?)将来逆転もありそうだ。

そんな中、ベンチ要員に1番近いと思われていた
岡田が、1番で4打数3安打、2盗塁、1犠打と猛アピール。

スタメンの座を簡単には譲らない姿勢を見せてくれた。


ショートでフルイニング出場したキャプテン西岡が抜けて、
明らかな戦力ダウンなんだが、
傷口を埋めようと細胞が活性化するように、
選手達が競争することで、あまり弱くなったとは感じない。
(映像で荻野の送球とかを見ていないせいかも知れないが)

試合運びも、ミスで失点した後すぐに得点しているし、
チームとしても昨年終盤の良い流れを引き継げている
(気がする)。

今季も楽しいシーズンにしてくれそうだ。
マリーンズ、ファイティン!!

posted by ばかぼん父 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。