2011年02月05日

「八百長メール発覚問題」がしっくりこないわけ

大相撲がまた大変な事になっているらしい。

関係者、マスコミ、マスコミの取材を受けた人、
様々な人が様々な事を言っているが、
それを見聞きしていても、私自身は、
熱くなって憤るわけでもないどころか、
「どうすべきだ」という事を議論する以前のように
感じてしまっている。

「じゃあ、何も書かずにほっとけば良い」のだが(^^;)、
まあ世間が大騒ぎしている話題だし、これを題材にして
なぜ議論にならないと(私が)思うのかを書いてみたい。

答えを先に書くと、人によって「八百長」の程度における
セーフ、アウトの「線引きの場所」があいまいであるから、
お互いに言葉に対する共通の定義がないまま、
各自、自分の中の「八百長」の定義をもとに
「ああだ」「こうだ」と言っても議論になるわけがない。

私が考えるところの、最も悪い「八百長」は、
賭けの対象となっている当事者が、胴元と結託して、
結果を意図的に有利に操作するものだと思う。

大相撲に長年蔓延している「八百長」というのは、
このようなものではなく、
地位を守るためであったり、面目を保つために、
当事者同士が勝ち星を譲るタイプのもので、
相撲界では、これを「無気力相撲」と呼ぶらしい。

この無気力相撲の中には、金銭の授受が伴うもの、
伴わないもの(星の貸し借り)を含めて、
談合して、互いに意識的に行うものと、談合なしで
あうんの呼吸であったりするものもあると思う。

しかし、どの場合においても、
「『ガチンコ』でないものは『八百長』である」
という放駒理事長の言う定義で、全員が会話してくれれば
わかりやすくなって、現在の親方衆の大部分が、
「八百長」経験者だと思う。

しかし、人によって「無気力相撲」ではあるかも知れないが、
「『八百長』は断じてやっていない」と言い張るものだから、
シラけるんだよね。

お茶の間でTVに向かって指摘しても、
家族から嫌がられるだけなんだが(^^;)。

また、そう言い張る輩が地位を守られ、どっちかと言えば
「やりました」と認めるような”正直者”たちが、
相撲界を追放になって、「浄化されました」なんて言われても
バカバカしいと思うだけだ。


また私は、「相撲は全てガチンコ勝負」でやれば、
人気が回復するとも思っていないのだ。

つーか、国技の定義が、その国の文化に根ざしたものだとすれば、
その「あうんの呼吸」や、相手にとどめを刺すところまで、
やっつけることなく、最後は相手を助けるのが日本文化だろう。

敵を殲滅してしまえば、征服した土地で農作業をする、
働き手を失うことになるので、大将の首をとる事だけで、
配下の者は全て許されて、新支配者の家来になるのが、
農耕民族の島国社会では、理に適っているわけで、
その考え方が、日本人の古来からの基盤となっていると思う。


だいたい、今回発覚して映像が流された類いの相撲は、
誰でも見れば、ツマラナイ1番であることが解るじゃん。

「八百長の発覚」を恐れる方には目くじらを立てる対象でも、
見ているこっちにとってみれば、
「見る価値のない一番」と、「見たい一番」の区別は
最初からついているので、そのこだわりにあまり意味がない。


「あうんの呼吸」を感じるのは、筋書きありの
文字通り「無気力相撲」だけではない。

「相撲界の至宝」となりつつある魁皇と対戦する力士は、
怪我をさせるかもしれない「手」や、奇襲のたぐいを、
自主的に禁じ手にしているように感じる。

当の魁皇は、相手の腕をきめる「小手投げ」を乱発し、
フェアとは思えないのだが(^^;)、
それに目くじらをたてようとも思わないし。

つまり、相撲は相撲であって、
「スポーツ」としては全く認識していないのだが、
「観る価値」の有無とは別なものなのだ。


その意味では「相撲は八百長を含めて国技」くらい、
極論をする人がいても良いのにと思う。(^^;)

posted by ばかぼん父 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。