2011年01月30日

ザック采配が当たって、ヒヤヒヤしながら感動的な優勝:アジアカップ決勝

アジアカップ決勝 日本代表 0-0 (延長 1-0) オーストラリア代表

勝ちたい気持ちが伝わるような素晴らしい試合だった。

いや〜、日本代表はホントに日々成長しているようで、
嬉しい驚きすらある。


骨折でチームを離脱した香川に代ってスタメンに名を連ねたのは
清水エスパルスの藤本淳吾だった。

クラブのチームメイトでもある岡崎とのコンビが期待されたが、
責任を感じすぎて固くなったのか、慎重さがかえって、
思い切りの悪さを感じさせていた。

同じサイドの内田もレギュラーなのに、そんな感じなので、
藤本自身の問題以上に、相乗効果で、
長友のサイドより相対的に印象が悪かった。

膠着状態のまま迎えた後半11分、
ザッケローニ監督が、戦術的な選手交代で局面を変えた。

0-0の段階で攻撃的MFの藤本を下げ、
センターバックの岩政を入れ、今野を左サイドへずらして
長友を前に持っていき、岡崎を左から本来の右へ、
ところてん式にポジションを変えた。

岡崎も良くなったが、なんと言っても
長友は運動量がスーパーに豊富なのはこれまで通りだが、
大きなオーストラリア人選手より、
局面のスピードで勝てる長友を攻撃に主眼をおかせた。

これが見事に当たった。

身長の低い今野が、明らかにケーヒルに狙われてはいたものの
キッチリ体を寄せて抑えていたのに、代えられるのかと、
選手達も、やや混乱した様子だったが、
ヘッドの強い岩政を入れてケーヒルへの対応を強化しつつ
攻撃のリズムを向上させる一石二鳥の策となった。

3回あった日本の決定的なチャンスは前半37分の
「遠藤がもし撃ってれば」の時と、あとの2度は、
この交代の後の長友のクロスから。

後半21分の岡崎の美しいヘッドはちょっと振り過ぎて
逸れたヤツと、延長後半の李の決勝点だった。

日本よりも沢山得点のチャンスがあったオーストラリアだが
GK川島の神降臨の再三のファインセーブと、
泥臭く体を張った守りでしのいで来た。

そのうち、オーストラリアはうまく行かないことに
いらだち始め、李の決勝点の場面は、
ディフェンダーの方が多くいたのに、
長友の突進をケアしたのか、
李のニアへ入る動きにモロにつられたのか、
ゴール右前で待つ李は笑っちゃうほどの「ド・フリー」(^^)。

これを李が、ボレーで左足のアウトサイドでゴール左へ
目の覚めるようなシュートを叩き込んでくれた。

オーストラリアの新聞は日本の要注意選手として、
遠藤、本田、長谷部、長友をあげていたらしい。

延長になってから交代で入った李は、
Jで得点しまくっていたのに秘密兵器の形になったかな(^^;)。

しかし、このチャンスでビッグプレーを決めた李は
とてもエラかった。

優勝を決めた後、怪我で離脱した選手達のユニホームを
掲げる選手達。

若いチームでありながら、目に見えて強くなっていく。

押し込まれた場面でも、長友が
味方のディフェンダーとシューターの間へ、
スライディングして身体で止めた場面なんて
韓国戦で最後追いつかれた反省が生きていると見える。

ちょっと心が狭いけど、大きくて強いけれどオセアニアの
オーストラリアにアジアカップを制覇されなくて良かった。

最後はイラつき、反則を繰り返すようなチームには、
まだまだ負けるわけにはいかない。

な〜んて思わせてくれる、
一丸となった日本代表を「誇り」に思う。

優勝おめでとう!

(でもMVPは長友じゃね?^^;)



posted by ばかぼん父 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!日本、アジアカップ2011優勝【決勝:日本1−0豪州】≪追記あり≫
Excerpt: 李忠成をうまいタイミングで投入したザッケローニ采配的中! 川島もよく守った!!! 日本、優勝おめでとう!!! 本田△MVP!もね!!! そして、豪州も良く戦った。多少のラフプレーと最後の精度が..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-01-30 20:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。